スマホde私の山フォト講座@御岳山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
銀座好日山荘 店舗詳細をみる
日程
2021年11月21日 (日)~2021年11月21日 (日)
メンバー
山岳写真家・塩田諭司先生
アシスタント・林さん
11名のお客様
吉野香織さん
天候
晴れ→曇→雨
コースタイム
ケーブルカー御岳山駅(30分)長尾平(60分)ロックガーデン(40分)長尾平(30分)御岳山駅
コース状況
・ケーブルカーはSuika・Pasmo使えます。チャージも可能。
・ロックガーデンは落ち葉で滑りやすい箇所もあります。
・トイレは各ポイントにあるので安心です。ロックガーデンのトイレは手洗い場がありません。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 初企画!スマートフォンを使った山写真講座、無事終了しました。高度なカメラはもっていなくても、コツを押さえれば自分のスマホで見違えるような写真が撮れる、という今までありそうでなかった講座。人数が集まるか心配でしたが、お陰様であっという間に満席となりました。

 講師は『岳人』など数々の山雑誌で活躍する、山岳写真家の塩田諭司先生。現在は八ヶ岳を中心に、山の魅力とそこで働く山小屋の人々の姿を伝えています。今年の春に銀座で開催された個展で初めてお会いし、先生の写真と人柄に感銘を受けました。好日山荘でも昔、写真を拝借したり小さな講座をやってもらったご縁もあり、ぜひおとな女子登山部でも講座をお願いしたいと申し出た所、快諾いただいて今回の企画が実現。感染拡大の為、夏前に一度頓挫したものの、なんとか年内ギリギリの開催に漕ぎつけることができました。

 第1回目はお店での机上講座。ここで構図などの基本を学び、第2回の今回は実際にフィールドでの撮影山行、紅葉真っ盛りの御岳山にて実施しました。赤や黄色のグラデーションが参道を彩る御岳山。色付いた木々は誰もがカメラを向けたくなる光景ですが、先生がさらに注目していたのは道端の落ち葉や石垣に張り付いた苔。よく見たらキョロキョロ周囲を注意深く観察しながら歩いていました。言われないとスルーしてしまいそうな題材にも細かく目を向け、積極的にネタを探そうとする姿勢はさすがプロ。先生が見つけた小さな秋を、生徒の皆さんが目をキラキラさせながら撮影する姿を見て、なんだかほっこりした気持ちになりました。

 長尾平の眺めの良い芝生の上で早めのランチを終えたら、この日の本番、ロックガーデンへ。水の流れと紅葉をテーマに撮影をしました。三脚を駆使したり、被写体にできるだけ近付いてみたり。皆さん先ほどよりさらに真剣な眼差し。できるだけ邪魔をしないように私はそっと黒子のように見守っていました。
 最後に綾広の滝まで行ってこの日の撮影は終了。普通のハイキングなら2時間かそこらで回れる場所を、2倍の時間をかけてじっくり歩きました。体力はそこまで使っていないのに長い時間集中していたので、ケーブルカーに戻ってきた頃には相当の達成感があったのではないかと思います。
 
 今回撮った写真は来月お店で展示予定です。準備が出来次第お知らせしますので、ぜひ大勢の方にご覧いただきたいです。
 参加された皆様にはドキドキの講評会が待っていますが、まずは大変お疲れ様でした。これを機にまた新たな山の楽しみが広がれば、とても嬉しく思います。

フォトギャラリー

ランチ後に恒例の集合写真。皆さん素敵な笑顔♪

まずは開会式。今日の行程を説明していただきます。

紅葉はバッチリ残ってました。

親子登山は見ていてほっこり♪癒されました。

紅葉意外にも目を向けてみよう。山の中は被写体で溢れています。

接写の練習。熱心に説明する塩田先生。

かおりん、良いの撮れました?

たくあんにするのかな?面白い写真が撮れたようです。

御岳山はお犬様がたくさん。窓からお行儀良くこんにちは。

燃えるような紅葉。光を捕らえると良い感じに写るそうです。

3回セットの講座なので参加者同士、仲良くなること間違いなし!

さあさあお昼ですよ。

カメラ目線ありがとうございます。

楽しんでますか~?寒すぎずちょうど良い気温でした。と

天狗岩を見上げる皆さん。先生の山クイズを聞きながら楽しく歩きます。

所変わってロックガーデン。三脚を駆使して。

動いているものを撮るのは大変そう。

何を狙っているのでしょう?どんな作品になるか楽しみです!

撮った写真を念入りに確認。真剣さが伝わってきます。

綾広の滝にて。被写体が大きいとまた難しそうですね。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

銀座好日山荘 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部