丹沢 シダンゴ山(疲れにくい歩き方と読図を学ぶ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
深沢 浩平
川崎ダイス店 店舗詳細をみる
日程
2021年12月05日 (日)~2021年12月05日 (日)
メンバー
お客様12名
登山学校 田中ガイド
川崎ダイス店 深沢
天候
晴れ
コースタイム
寄バス停(45分)宮地山分岐(5分)宮地山(5分)宮地山分岐(75分)シダンゴ山(70分)寄バス停
コース状況
良好。落ち葉が多く、登山道が分かりにくいとことがある。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

好日山荘登山学校の実技講座、「疲れにくい歩き方と読図を学ぶ」で丹沢のシダンゴ山に12名のお客様と登ってきました。
天気は晴れ。朝の気温は7℃。じっとしているとひんやりしますが、歩くのにちょうどよい気温で気持ちよく秋の丹沢を楽しんできました。

小田急新松田駅で集合し、バスで終点の寄(やどりき)まで向かい。登山開始。
民家の間を通り、登山道入り口を通り過ぎて・・・あれ、?いま、通り過ぎたような・・・と思った方もいたと思います。しばらくして、田中ガイドが立ち止まり、読図の実技講座が始まりました。
ここから登山道に合流するにはどうやって行けばよいのか?
2つのグループに分かれて、地形図を見ながら、それぞれ話し合い、ルートを決めて、登山道が無い道なき道を歩いてもらいました。

いま、自分がどこにいるのか?
目的の登山道までどのくらい離れているのか?
歩きやすい斜面はどこか?
など実際に地形図と山を見ながら、歩いていただきました。

私が担当した2班は斜面をしばらく上がってから、トラバース(横断)して、登山道に復帰できました。
もう一つの班は尾根を直進してから宮地山分岐手前まで登ってから登山道に復帰。なかなか大変な登りだったようです。

宮地山分岐でお昼休憩を入れ、希望者は宮地山まで登っていただきました。

午後は、疲れにくい歩き方を中心に歩く速度、足の置き方、呼吸、など意識しながら、歩きました。途中トレッキングポールの使い方も勉強しながら、実際に使って歩いてもらいました。
シダンゴ山山頂で休憩を入れて、下山を開始。
バスの時間が迫っていたので、急ぎながらの下山になってしまいましたが、歩き方のチェックをしながら降りました。バスにも間に合い、無事に実技講座を修了することができました。
今回の講座で学んだ歩き方を意識して、より楽に登山が楽しめるとよいですね。
読図は、すぐには身に付きませんので、山で地図を見る機会を増やして、地図に慣れていっていただけたらと思います。

好日山荘登山学校の実技講座に参加していただき、ありがとうございました。

フォトギャラリー

シダンゴ山山頂

寄バス停前であいさつ

歩き出してすぐに現在地チェック

登山道を求めて道なき斜面を登ります。

ルート取りの振り返り。

疲れにくい歩き方の説明

実際に歩いて確認。

シダンゴ山への最後の登り。

シダンゴ山山頂

急いで下りました。

まだ少しですが紅葉が楽しめました。

落ち葉を踏みしめながら下山。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

川崎ダイス店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部