白馬岳(猿倉→栂池ルート)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
名古屋駅前店 店舗詳細をみる
日程
2012年08月29日 (水)~2012年08月30日 (木)
メンバー
天候
晴れ/小雨
コースタイム
1日目 猿倉荘<1:00>白馬尻小屋<2:30>葱平<2:00>白馬岳頂上宿舎
2日目 白馬岳頂上宿舎<0:30>白馬岳<1:30>小蓮華山<1:40>白馬大池<2:30>栂池
コース状況
3大雪渓の1つの白馬の大雪渓ですが、さすがに夏の終わりとなるとかなり規模は小さくなっていました。軽アイゼン無しでも登れないことは無いですが、あったほうが楽に登れます

車は猿倉荘に停めて、下山口の栂池自然園からはロープウェイとゴンドラに乗って栂池高原まで下ります。ここから車のある猿倉までタクシーで5000円です。猿倉からの登山者がいればあらかじめ声をかけておいて相乗りするといいでしょう。
難易度
Google Map

より大きな地図で 白馬岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

なかなか遠くて今まで行かなかった北アルプス北部にある白馬岳に登ってきました。
ルートは王道?の猿倉~栂池の大雪渓を登るルートです。
大雪渓はこの時期になるとさすがに規模が縮小しており、思っていたほどの雪渓では無かったですが久しぶりの雪道を楽しめました。
雪渓が終わると高山植物が楽しませてくれました。

テント装備の入ったザックを背負って一眼レフでのベストな角度からの高山植物の撮影は疲れます。
このあたりから小雨が降ってきてお天気は微妙な感じに。
しかし今回の自分達の大きく膨らんだザックの中には今夜のお楽しみのすき焼きの食材がたっぷり詰まっておりそれを楽しみに登ることができました。(肉は飛騨牛)

2日目は出発時は曇りでしたが、白馬岳頂上に着くとこれから歩く小蓮華山への稜線や剱、立山、穂高、槍などの展望が楽しめました。
ここからは大好物の稜線歩きの始まり。大きなアップダウンは無く本当に快適な稜線歩きでした。
小蓮華山あたりから見る白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳の雲海に浮かぶ三山は絶景でした。

フォトギャラリー

山口氏700枚写真撮りました。

登山口の猿倉荘。

軽全アイゼン装着!

大雪渓!!!

左に白馬山荘。右に白馬岳頂上宿舎&テント場。

今宵の寝床作り。

担ぎ上げたすき焼きの食材達。

すき焼き完成!!!

翌朝登り始めると、剱、立山の山々が登場!

白馬岳山頂。

目指す小蓮華山が顔を出してます。

小蓮華山付近から見た左から鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。

白馬大池より。

乗鞍岳山頂のケルン。

乗鞍岳~天狗原はこんな道が続きます。

天狗原。

ロープウェイとゴンドラで下界へ。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋駅前店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部