シェフと行く北アルプス針ノ木岳・蓮華岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年08月13日 (火)~2013年08月14日 (水)
メンバー
天候
■1日目 晴れ、午後から曇り ■2日目 快晴
コースタイム
1日目 扇沢<90分>大沢小屋<210分>針ノ木小屋<70分>蓮華岳<50分>針ノ木小屋

2日目 針ノ木小屋<60分>針ノ木岳<30分>針ノ木小屋<120分>大沢小屋<60分>扇沢
コース状況
■扇沢~大沢小屋
緩やかな登り。
特に危険箇所はない

■大沢小屋~針ノ木雪渓~針ノ木小屋
大沢小屋から雪渓まではやや急な登り。

雪渓はそれほど急な勾配ではないが、転倒、滑落に備えて軽アイゼン、ストックがあったほうがよい。
また、落石もある。
鯉のぼりで道を示してくれている。

雪渓が薄い部分があり、雪の割れ目には近づかないように。
下は冷たい水がごうごうと流れています

雪渓から稜線まではかなり急な登り
最後の九十九折がキツイ

■針ノ木小屋~蓮華岳
蓮華岳の稜線に出ると平坦な砂礫帯となり、コマクサがたくさん
特に危険箇所はない

■針ノ木小屋~針ノ木岳
全体的にややキツイ登り
途中、チングルマなどのお花畑がある
大きな危険箇所はないが、地面が滑りやすく、特に下りでスリップに注意
難易度
Google Map

より大きな地図で 針ノ木岳・蓮華岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

各務原店 大渕シェフとグルメも兼ねてお山に登ろうと相談。
南アルプスの南のお山に行きたかったのですが、1泊2日ではのんびりできなさそう。
しかも、世間ではお盆休みのタイミングなので、できるだけ人が少ない山がいいなぁ、ということで候補に残ったのが、北アルプスの針ノ木岳と蓮華岳。

針ノ木岳と蓮華岳。
マイナーなお山なのですが、麓には北アルプス三大雪渓の針ノ木雪渓を持ち、針ノ木岳からの展望は絶景、そして蓮華岳にはコマクサが咲き乱れ、と魅力たっぷり。

昨年は二人で高級牛肉を担いで白馬大雪渓を登ってすき焼きをやったのですが、今年は高級なお肉を雪渓で冷やしながら担いで焼肉をやろう、ということで。

扇沢の駐車場に着いたのが朝の3時ごろ。
無料駐車場はほぼ満車でした。狭いところになんとか駐車して仮眠。

扇沢駅は黒部ダム、立山へ向かう長い人の列。
その列を横目に左の方へ逸れていくと針ノ木岳への登山口があります。
さすがにこちらに行く人はいない。
大沢小屋までは樹林帯の緩やかな登り。
小屋でちょっと休憩させてもらって先へ進みます。

小屋から40分ほど歩くと、来ました!針ノ木雪渓です!
白馬の雪渓と比べると幅は狭いのですが、雪はたっぷり。
6本爪アイゼンを装着して、雪渓の上を登っていきます。
冷気が火照った体を一気に冷やしていき、とても気持ちいい~
お天気良くて、青空が白い雪渓に映えます。

振り返ると、爺ヶ岳がきれい。
雪渓は鯉のぼりが道標になっていて道迷いを防いでくれています
楽しい雪渓歩きはゆっくり歩いて1時間半ほど。

雪渓から上は稜線までの急な登り。
今回は出来るだけ荷物を軽くしたつもりですが、やはり重い。
稜線が見えてからの九十九折りの登りがしんどかった…

絶景を期待して稜線にたどり着くと、午後になっていたので雲に覆われて景色は楽しめず。
針ノ木小屋で受付を済ませてテント設営。
崖っぷちのテント場です。

テントを立て終わると蓮華岳へ。
このお山の砂礫の尾根がとても素敵。
ここにコマクサがたくさん咲いています。ここのコマクサはちょっと色白ですね。
ちょっとシーズンが遅くて、枯れているものが多かったけれど綺麗でした。
7月末ぐらいが絶好のシーズンなのでしょう。また行きたいね。
蓮華岳から七倉岳へ向かう尾根も心惹かれます。
いつか行きたい。

夜は焼肉!
大渕シェフがイベリコ豚や黒毛和牛などなど700gもお肉を持ってきてくれていました。
そして、350mlの缶ビールを4本も。自分も2本持ってきていたので、これらをテント場近くの斜面の雪渓でキンキンに冷やしていただきました。
美味しかったぁ。ペロリと食べてしまいました。

前夜は2~3時間ほどの仮眠だけだったのでさすがに寝不足で、19時には眠りについていました。
夜、テントを出て空を見上げると、満天の星がきれいでした。

翌日もお天気良し。
まだ暗いうちから針ノ木岳に向かいます。
途中でご来光。
完全な日の出を久しぶりに眺めました。

朝の柔らかなオレンジ色の光を浴びたチングルマのお花畑に目を奪われます。
そして針ノ木岳山頂到着。
絶景です!
槍ヶ岳をはじめ北アルプスのお山が一望。
立山と剱岳が近いですね!
そして、先日は悪天候の中を登った薬師岳。
美しいお山です。
眼下には黒部湖が見えますが、残念ながらダムは見えません。

スバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳へ続く稜線もきれい。
ここは歩く人も少なく、静かに絶景が楽しめそう。
あと1日お休みがあったらここを縦走して扇沢へ下りたかった。

かなりのんびり山頂で過ごしてからテント場に下山。
テント場で槍ヶ岳や爺ヶ岳、鹿島槍の眺めを楽しみながら朝ご飯を食べて、雪渓を下って下山しました。

針ノ木岳と蓮華岳。
百名山ではない名山です。
雪渓あり、お花あり、絶景ありの変化に富んだ楽しいお山です。
また行きたい。

フォトギャラリー

針ノ木雪渓。鯉のぼりが道を示してくれます

扇沢から2時間ほど歩くと雪渓に到着します。

お花がいっぱい。二人とも写真を撮るのでなかなか前に進みません…

稜線が見えた!でも、ここからがしんどい

針ノ木小屋にテントを張って、蓮華岳に向かいます

蓮華岳の砂礫帯。道の両脇にはコマクサがいっぱい。素敵です

今夜のおうち。断崖絶壁ですが、景色は最高。向こうは爺ヶ岳、鹿島槍、反対側には槍ヶ岳!

晩ご飯は焼肉。今回の山行はこれが最大の目的だったかも

翌朝、針ノ木岳に向かう途中でご来光。きれいです

針ノ木岳頂上!剱岳と立山が近い!

針ノ木岳!ピンと尖った山頂がかっこいい!

シモツケソウ。一番好きなお花です

ミヤマキンポウゲのお花畑

美白のコマクサ

朝日を浴びるヨツバシオガマ

風にゆらゆら チングルマ

初めて見ましたイブキジャコウソウ。葉っぱがハーブのようないい香りがします

ミヤマダイモンジソウ。黄色と赤がかわいい

ギボウシ

タマガワホトトギス、かな?

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部