富嶽縦走その⑨~清八山・本社ヶ丸・三ツ峠~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
浅見 直紀
町田店 店舗詳細をみる
日程
2013年12月16日 (月)~2013年12月16日 (月)
メンバー
町田店 藤澤
天候
快晴・強風
コースタイム
笹子変電所→(80分)→清八峠→(25分)→本社ヶ丸→(20分)→清八峠→(5分)→清八山→(100分)→御巣鷹山→(10分)→開運山→(10分)→三ツ峠山荘→(80分)→いこいの森駐車場
コース状況
ロングルートなので、縦走スタイルでないと厳しい(三ツ峠を除けば問題ない)。
清八峠まで、北側斜面を登るので日が出ず、寒さが身にこたえる。
達磨石・三ツ峠駅への下りルート、見落とし注意。
難易度
Google Map

より大きな地図で 清八山・本社ヶ丸・三ツ峠 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

今回も秀麗富嶽十二景。ナンバリングも⑨を数え、気付けばあと少しでコンプリート。少し感慨深い。くくく、待っておれ。

乗るタイミングだとか諸所のトラブルで、集合に遅れた!出鼻挫いてどうする!?この山行の言いだしっぺなので、とりあえず腰を九十度に曲げた姿勢で電車を降りる。

笹子駅からタクシー(呼んであったもの。常駐していない)で変電所へ。これをする・しないでコースタイムにもの凄く差が出る。三ツ峠まで縦走する計画なので、少しでも節約・省略するために呼んだ。気になるお値段は、3350円(定額。少なくとも私の時は予約時に言われた)。

変電所からは黙々と登る。寒い!風が・・・北風がっっ!!北側斜面なので日も当たらず。霜柱が立つ、と言うよりは地面が凍っている。それなりに急な斜面なので体温は上がるが、それも気を抜くと風で一瞬にしてリセット。グローブとソフトシェルにウィンドストッパーが使われていなければ、今頃どうなっていたことやら。気温は-2℃。風は強いなと思う程度だから、風速5~8mくらいか。え?体感的には-10℃近いの!?

清八峠で日差しの恩恵を得た後、本社ヶ丸をピストン。岩場あり。何度か偽ピークを踏む。心折れないように。

デッケぇー!と思わず言ってしまった。富士山と三ツ峠(御巣鷹山)がセットになって見える。写真を一通り撮って、清八峠へ戻った。

そこから清八山へは、本当に一登りだけだ。日差しがあって、それなりに広いのでお昼休憩にもってこい。今回は風があったのでスルーしたが。ここだけでなく、秀麗富嶽十二景全般に言えることだが、どうして山頂には松が多いのだろう?風とかに植生が影響されているのか・・。

清八山からは、いよいよ三ツ峠へ。途中で、一休さんのとんち問題的な倒木を発見してニヤニヤした。「入るな」と書かれた倒木がルートを塞いでいるのだ。その後は一旦下りきって登る。本日一番の斜度。辛い。昭文社の地図にも、しっかり「急坂」と書かれている。あと20分続いたらヒーヒー言っちゃうかもな、と思いだした頃に御巣鷹山に到着。ここからはダラーっとした道が開運山まで続く。

デッケぇー!本日二回目の、そして一番強い口調でそう言っていた。実は、三ツ峠は雨の思い出しか無いので。まさかここまでとは思いもせなんだ。

昼食にスープを作ろうとして、展望台のベンチにガスコンロを準備。内臓を温めるだけで人間違うものです。この身を切る風を何とかしたい。

プシュー・・・・・・・ピタッ!

うぃ?

と、止まっただと!?ガスのつまみは開栓状態。ばばばバカな・・・。

動揺を隠しきれずに、色々と探ってみたのだが結果として、ガスコンロは黙秘権を主張し続けたのであった。ちなみにモノは、トリプルミックスのガス。温度とかではない。バーナーヘッドも目詰まり無し。こんなことってあるんだ・・・。

その後、やり場の無い思いを怒りへと変えて猛スピードで下った。途中、何ヶ所かで川の凍結が見られた。最終目的地の達磨石までかかった時間は、コースタイムの1/2。ちょっとやり過ぎた。だが後悔はしていない。

いこいの森駐車場では、達磨石で呼んでいたタクシーに乗り込み、富士急行の三ツ峠駅へ。ドライバー殿に「歩けなくなったの?」と訊かれた。日差し的に夕方なことと、コンクリート舗装路を1時間以上歩くという条件に加え、純粋に街の中で駅を求めておろおろしたくなかったのである。結果として上手い具合に電車に接続出来て、正解であったと言うべきだろう。

残す秀麗富嶽十二景は二座。五番山頂と八番山頂の片割れ。必ずや踏み敷いてやるぞ!

フォトギャラリー

START!!そして、寒い

ダルイ道が続く。まだ寒い

岩場もある

本社ヶ丸山頂。日差しが暖かい

三ツ峠と富士山

八ヶ岳もバッチリ

清八山山頂。呆気ないなァ

何故に松が多いのか?

こりゃ凄い。落ち葉の膝ラッセル

ど、どうやって進めと!?

御巣鷹山への急登

つ、着いた・・・

開運山。誰も居なぁい!

デッケぇー!!

岩場のゲレンデ

カチンコチン

急坂の下りが続く

お疲れ様でしたー

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

町田店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部