瑞牆山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年01月30日 (木)~2014年01月31日 (金)
メンバー
天候
雨・霙・雪のち晴れ
コースタイム
1日目:増富温泉バス停~(140分)瑞牆山荘~(40分)里宮神社入口~(40分)水場(富士見平直下)~(5分)富士見平小屋
2日目:富士見平小屋~(80分)大ヤスリ岩~(30分)瑞牆山山頂(鋸岩)~(70分)富士見平小屋~(30分)瑞牆山荘~(90分)増富温泉バス停~(5分)増富の湯
コース状況
1日目は、瑞牆山荘に到着までに舗装路に10cm位の積雪。山荘から富士見平小屋までのトレースはなし。赤布を見落とさないように歩く。深い雪ではないため歩きやすい。ただ、アイゼンはあってもいい。
2日目:富士見平小屋~山頂まではアイゼン必要(凍結箇所あり)。赤布をしっかりと辿り、岩場もしっかりとしたスタンスを取ること。雪はそれほど溜まっておらず、終始ラッセルなどはない。

下りでは瑞牆山荘までアイゼンはつけておいた方がいい。増富温泉バス停まではチェーンスパイクがあれば、コケる心配はない。(一部凍結箇所あり)
難易度
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中

感想コメント

30日は雨・霙・雪という天候。富士見平小屋に着く頃には止み、風が吹いてきた(帽子が飛ばされそうなくらい)。

31日はテント内で風が止むのを待っていたため、瑞牆山のみの登山に。歩いているうちに前回夏に行った時の風景などを思い出す。

雪に染まった木々や桃岩、途中開けた空に切り立って出てくる大ヤスリ岩。夏とは違った景色に魅了された。

山頂に立ち、金峰・南アルプス・小川山・富士山・八ヶ岳が見渡せる展望。

平日のため静かな山行となり、帰りは増富温泉につかってのんびりと過ごせました。

ワカンとピッケルとメットを念のため持参したが必要ないと感じた。

フォトギャラリー

綺麗な河

分岐点

金山山荘

瑞牆山荘

里宮神社入口

小屋付近の水場

富士見平小屋

翌日の天気

桃岩

大ヤスリ岩

瑞牆山頂

山頂からの八ヶ岳

晴れた富士見平小屋

バス停前

増富の湯

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中