浅間山 外輪山ぐるっと

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
中村 慧至
福井北四ツ居店 店舗詳細をみる
日程
2016年04月20日 (水)~2016年04月20日 (水)
メンバー
新宿アウトレット店 妻藤
天候
快晴
コースタイム
車坂峠≫表コース≫70分≫トーミの頭≫草すべり≫80分≫Jバンド≫24分≫仙人岳≫10分≫蛇骨岳≫40分≫黒斑山≫25分≫中コースと表コースの分岐≫中コース≫50分≫車坂峠
コース状況
中コースはチェーンアイゼン必須。かなり凍結してます。
それ以外の箇所では、草スベリ~Jバンドの登り手前の樹林帯で欲しいです。黒斑山~蛇骨岳間もあると安心して歩けます。
浅間山の火山噴火警戒レベルは現在2です。湯の平〜前掛山間は通行禁止です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

念願の浅間を見に外輪山巡りに。前々から絶景具合を聞かされ、洗脳されていました。
時期としては、歩きにくい箇所が多くありそうですので微妙かなぁと思いつつも、行きたいと思ったらもう行きたいが止まらない。相方がほのめかす両神案をポイして浅間に。

駐車場に着くと直後に一言。さびい。寒いのです。空気がひんやり冷たく、フリースと薄いシェルを着て歩き始めました。時間は8時前です。
様相がやはり他の山塊に行くのと違います。笹がびっしりだったり背の低い松が早々に出てきたり、ガレ場だったり…。短い時間で色々と見せられ、とにかく楽しい。丹沢の鬱蒼淡々とした感じと違う…。普段行くことの多いフィールドよりバラエティに富んだ風景の変化が羨ましく映ります。

そうこう歩いて槍ヶ鞘まで来ると、デデンと浅間の登場です。遠くから見たよりものっぺりしてるな。

さらに歩を進めてトーミの頭まで来ると、洗脳の時に聞かされていた景色の登場。

雄大かつ広大なスケール感。雲海を望むのとはまた違った感動。角度によって異なる様々な景色は、寝不足でもわかる絶景。何度もおいしいパノラマビューは思わず足を止めて見入るくらいでした(疲れたんじゃないです)。

しかし風が吹き付ける度に、ここは厳しい所なんだと言われているようで、身の引き締まる思いもしました。

大仏様の螺髪のような岩が多く転がっていましたが、これは噴火の際のものでしょうか。見られる景色の訳を思い出すと、やはり緊張もします。お腹痛くなりました。

草すべりを下りると平坦なフィールド。内心ちょっと火山館寄りたかった。

休憩はJバンドへの登りの前に取ったのですが、樹林帯を抜けたあとだったので風が強かったです。樹林帯を抜ける前に取るのが吉でしょうか。
Jバンドへ登り切ると、へとへと気味に。寝不足が祟ります。ここからの稜線が見た感じ気をあまり抜けなさそうなので、また補給。

仙人着いてもまた補給。この日は行動食をやたら消費したような。寝不足をカロリー摂取でカバー。それぞれのピークは比較的過ごしやすくて休憩に使いました。仙人は風が強いと避けられないかも。
今回はタイミングが良かったのか10分ほどの休憩ができました。

その後は黒斑でご夫婦と写真の撮りあいっこをさせて頂き、中コースで下山しました。こちらは表コースよりも凍結箇所が格段に多く、登りにしろ下りにしろ、軽アイゼンは必須でしょう。

やはり浅間はいいところだった。行動食にポテチはうまい。寝てないと途中で力が抜けるタイミングが来る。この三点が今回のまとめ文句ということでお願いします。

フォトギャラリー

駐車場。広々としています。水道がありますが止まっていました。

しょっぱな雪あり。締まっているので爪なしで。

鮮やかな緑。

八ヶ岳やアルプスが見渡せる展望の良さ。浅間の魅力の一つですね。

槍ヶ鞘から。姿を現しました。はは~。

分岐。

草すべり下りる前。スケール感がすごい。

下りた後。やはり雪が残っています。

どこを振り返って見ても何かしらの絶景。すごいここ。

歩くと景色がほいほい変わります。

ここから先は行けません。

Jバンド方面へ。

Jバンドを見上げる。これ登るんすか。

ぜーはーぜーはー…

今度は黒斑方面が絶景。

仙人。

蛇骨。

蛇骨から黒斑への道。慎重を要するところが多々あります。

相棒「ティラミスみたい。」はい、ティラミス記念日。

行きで撮り忘れた草すべり分岐。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

福井北四ツ居店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部