徳島県 立川ボルダー 雪舞う渓谷

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
戸田 竜也
トリアス店 店舗詳細をみる
日程
2017年02月10日 (金)~
メンバー
姫路駅前店 戸田
姫路駅前店 永宗
姫路駅前店 アルバイトスタッフ1名
GRAVITY RESEARCH KOBE 川上
GRAVITYRESEARCH HIMEJI アルバイトスタッフ1名
天候
コースタイム
駐車スペース→(5分)各エリア
コース状況
強い寒波の影響で雪が断続的に降りました。
勝浦川の渡渉は岩を飛んで渡るため、雪で
濡れると厳しくなります。
帰る時に運悪く降雪が強まり、積もり始めたので靴を脱いで素足になって渡渉。
河床はコケむしていて歩きにくく、難儀しました。
水深が浅い箇所を狙っていけば膝上10cmくらいまでつかるだけで済みます。
気温 17時 0℃
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

強烈な寒波の影響であちこち雪だらけの中、関西圏ではほぼ唯一登れそうな立川。
ここしかないと信じて行ってきました。

小雪が舞ってはいるものの、風がなくなれば暑いほどの日差しが照りつけ、山影に日が遮られる13時くらいまでは天国のような陽気。
たまに雪雲が頭上を覆って吹雪きましたが、岩の濡れは登れないほどではなかったので強行しました。
以下、登った課題です。

「デブリ」 6級 ◯
勝浦川の左岸に渡ってすぐの岩にある課題。
ホールドをよく選んで登れば問題ありません。

「下弦の月」 5級 ◯
顕著なアンダーホールドからスタートして、スラブ面に立ち込んでリップに手を出す。
これだけです。

「澤井課題」 4級 ◯
猪岩のど真ん中にある課題。
水流に磨かれたホールドばかりで滑りやすい。

「おにいやんのヒールフック SD」 4級 ◯
ツルツルのリップを押さえつけるのにヒールに体重を乗せるのが肝心。
低いけど内容の詰まった課題です。

「雪崩」 3級 ◯
下地が岩クズのスロープ状なので踏むと岩ナダレが起きます。
悪いカチから変なバランスでリップに手を出す。ためらわずにいきましょう。

「親亀」 3級 ◯
突き出た岩の突端を乗り越すシンプルな課題。
パワーいります。

「言霊」 2段 ◯
都合3日かかってやっと登れました。
決定力不足というやつでしょうか…。


最後は猛烈な雪の降り加減で、急いで撤収したものの岩に雪が積もってしまい、飛んで渡ることができなかったので勝浦川を素足渡渉するハメに…。
水温は外気温よりはるかに高いのでそんなに冷たくはなかったです。
ボルダリングするにはやっかいな寒波でした。

フォトギャラリー

立川で男立ち。いい空。

毎度の渡渉。今回はこれが鬼門となりました。

まずはアップで「デブリ」を登ります。

今回の主役、濡れサワラさん。

次に「雪崩」。このカチが悪い。

左足に加重できないままリップに手を出す。

川上さん、軽快にマントル。

また出現、季節感のない若者。雪が舞ってるのが写真でわかるといいのですが…。

「朝立彦 2段」の核心ムーブ。永宗さん、振り絞ってます。

たまに上空が雪雲に覆われてこの状態。

私と川上さんは「言霊」やっつけないといけません。

馴染むまで時間がかかったものの、

どうにか、

リップを止められました。

もうこのへんでニヤけてます。

やった!

濡れサワラさんも濡れた足で最後まで振り絞ります。「澤井課題」を登る準備。

私は遊びモード。「おにいやんのヒールフック」。おもしろいです!

もう帰ろうかというタイミングでこの降雪!ひどい!

岩を飛んで渡れなくなったので素足渡渉となりましたとさ。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス