小川山 クライミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
小瀧 誠
Berghaus & JackWolfskin Shop 香林坊 店舗詳細をみる
日程
2017年05月10日 (水)~2017年05月12日 (金)
メンバー
友人2名
天候
コースタイム
廻り目平キャンプ場<15分>親指岩

キャンプ場<45>尾根岩3峰

キャンプ場<30>妹岩、マラ岩周辺<5>リバーサイドエリア
コース状況
濡れなし、フリクション良好
マルチでは風が通り寒い
渡渉は靴のまま
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

(~親指岩)
トポを見ながら、踏み跡を辿れば着きました。

・小川山レイバック 5.9 <#0.75、#1~#2 2セット>
90度のコーナーに走った綺麗なクラックがこんな近くに、ハンド~フィストの快適なクラックでした。ジャミング、レイバック、ステミングそれぞれの動きが出てきます。レイバック、ステミングなしのジャミング限定でも登りました、いいトレーニングになります。レイバックのみで登るのが一番難しそう、、

(~尾根岩3峰)
悪名高きアプローチ?。駐車場から続く林道を大きな分岐岩まで行き右へ。正面に第2峰が見えるような道ですが、第2峰を左へ巻くようなイメージで谷地形を詰めていきます。第3峰が見えたら右方向に、程なくしてつるかめスラブ(5.8)が見えると正解。南陵レモンは一番初めに見えてくるクラック形状?の顕著なラインです。

・1P リード
左側のフェイスにボルトが2つ、クラックからもいつでもプロテクションがとれます。30m程直上すると、右上にペツルのハンガーが2つが見えるのでそこで終了。

・2P フォロー
右に見えるフレークに向かってトラバース、フレークを超えたら簡単なスラブを直上し、大きな立木でピッチを切ります。フレークにカムを入れるも良し、灌木からランナーをとるも良し、距離は短く30mもないくらいでした。

・3P(5.9) フォロー
核心ピッチ。ハンド、フィストから弓状のクラックで上部はオフィズス、#3と#4を決めて上がっていました。私はフォローにも係わらず、人工でしか抜けれませんでした。ペツルのハンガーでピッチを切ります。普段ワイドをしない人にはほんと核心になります。

・4P リード
歩きです。15mほど歩くと目の前に岩峰が現れ、コル上になっていて立木に懸垂の残置支点があります。岩峰も登れるようですが、今回はここで降りました。懸垂は2回、下も立木が支点。向かって右方向のルンゼに吸い込まれるように降りました。

(~妹岩、マラ岩)
渡渉は飛び石で行けました。15分ほどの急登を登ると妹岩の基部へ、マラ岩もすぐそこです。

・レギュラー 5.10c ×
1便出しましたが登れませんでした。綺麗なフェイスで、上部は日当たりが良く気持ちが良いです。ホールドは比較的細かく、インドアのような動き、岩での繊細な動き、内容の濃い5.10cで知名度人気ともにトップクラスです。

・カサブランカ 5.10a <エイリアン赤、黄 #0.75、#0.5、#1~#2 2セット>
小川山クラックの登竜門。嫌らしい下部をプロテクションを決めながら慎重にこなし、フレアしたクラックを登ります。クラックはハンドでバッチリ、同じような動きを繰り返します。上部はフィンガーサイズですが、横向き効くホールドが左右にあるので抱えるように持ち身体を上げれます。オンサイトを逃し、2便目で。

(妹岩、マラ岩~リバーサイドエリア)
下山ついでに登ろうと、歩いて5分のリバーサイドエリアへ。

・アウトオブバランス 5.9
左側は縦に走ったクラック、右側には程よくホールドがまぶされたフェイス、グレード以上に繊細な動きが必要な面白い課題でした。


2回目の小川山。スポートルート、クラック、マルチ、ボルダーなどクライミングを楽しむのはもちろん、快適なキャンプ生活や焚き火、ここでの快適さを知ると本チャンにいく気がそがれるほどです。マルチやクラックをこれから!という方に今回の日程はおすすめです。
次はジャックと豆の木をやろう~

フォトギャラリー

小川山レイバック

こんなスタート

コーナーの綺麗なクラック

なんか良さ気

アセンジョニスト3つ

夜は牛、豚、鶏、野菜

カラマツ?が綺麗

南稜レモン、1P目

2P目

3P目

上から

3日目はレギュラーから

気持ち良さそう~

カサブランカ

中間部はフレアしたハンド

アウトオブバランス

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス