ジャンダルム コブ尾根

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
小瀧 誠
Berghaus & JackWolfskin Shop 香林坊 店舗詳細をみる
日程
2017年06月14日 (水)~2017年06月15日 (木)
メンバー
友人2名
天候
コースタイム
上高地<150分>岳沢小屋

岳沢小屋<90>マイナーピーク<180>コブ岩<90>コブ尾根の頭<5>ジャンダルム<90>天狗のコル<60>岳沢小屋<75>上高地
コース状況
所々、残雪あり
明瞭なトレースはなく、ルートファインディング必要
マイナーピークから懸垂は約5m、コブ岩から懸垂は約15m
懸垂ポイント残置あり
50m(2P)程だけロープ出しました
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

(上高地~岳沢小屋)
舗装された林道歩き。小屋に近付くと残雪がありますが、アイゼン等必要ありません。
 
(~マイナーピーク)
コブ沢を詰めるところからスタート。右又との合流点は雪渓が途切れており、草付きをトラバースして右又に入りました。右又との合流点は、最初に目につくところではなく、もう10m程コブ沢を詰めれば安定した合流点がありました。なので今回は失敗。
ルンゼは素直に右方向に上がっていき、ピーク手前を藪漕ぎで進んでいきます。足元の木の根っこにアイゼンの後なんかがたまにあります。マイナーピークからはクライムダウンより懸垂が無難な気がしました。

(~コブ岩)
コブ岩基部までは雪壁、藪漕ぎを繰り返しながら進んでいきます。
コブ岩取付きには残置ピトンがあり、ここからロープを出しました。右へ右へと草付きを進むと簡単ですが、ロープの流れが悪いです。50m(2P)程進んでから、それほど難しくないということでロープを解き、フリーで上まで抜けました。ピークはリッジ状になっていて、少し進むと懸垂ポイントがあります。

(~コブ尾根の頭~ジャンダルム)
懸垂後は、目の前の草付きを登る人、雪壁をコブ沢側に10m程クライムダウンして登り返す人、に分かれました。結果は後者が早く尾根上部に到着しました。コブ尾根の頭までは岩や草付きをひたすら登る、ピークに近付くと一反木綿岩(勝手に命名)が見えます。
コブ尾根の頭からジャンダルムへは5分、最後の登りで終了。

(~天狗のコル)
下り中心の岩場歩き。所々に残雪があるので、岩を繋ぎながら鎖なんかも無視して進みました。

(~岳沢小屋)
そこそこ急な下り、怖い人は後ろ向きに下っていくことをおすすめします。両側からの落石に気をつけながら、畳岩尾根の末端に向かって雪渓を繋ぎながら進みました。下り切れば、小屋はすぐそこです。


スケールは大きく内容は易しめ、ということで余裕を持っての登攀となりました。が、コブ岩のビレイオンとビレイオフの判断などに時間を少しとられ、判断力の大切さを再認識しました。明瞭な踏み跡は少なく、ルートファインディングの能力は必要です。

(レイヤリング)
メリノウール150半袖
ポーラテックフリースフーディ
ソフトシェル
透湿ゴム手袋(雪上のみ)
中厚メリノウールソックス

フォトギャラリー

天気いい~

テント場も快適

偵察、雪渓が切れてる

早朝の雪はこんな感じ

右又のルンゼを素直に詰めていきます

所々こんなとこあります

藪漕ぎもあり

マイナーピークからの懸垂

斜度はこんな感じ

コブ岩の取付き

簡単ですが、慎重に

コブ岩からの懸垂

草付きを登る人、、

雪壁をクライムダウンする人、、

草付きを登った人はうるさい藪漕ぎあり

右上に一反木綿岩?

ジャンダルムはすぐそこ

ジャンからの景色、槍から穂高岳山荘まで

ペツルのアルティチュード、かなり良さ気

天狗沢を下り終了~

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!