別山~チブリ尾根からぐるっと

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
酒井 健
金沢西インター大通り店 店舗詳細をみる
日程
2017年08月04日 (金)~
メンバー
天候
曇り時々晴れ
コースタイム
駐車場<20分>猿壁登山口<150分>チブリ尾根避難小屋<100分>別山<130分>南竜山荘<40分>甚之助避難小屋<50分>中飯場<30分>別当出合
コース状況
スタートは一ノ瀬駐車場すぐ上の砂防工事中の道路を上がっていく。スタートから山頂稜線まで木々や笹の葉に覆われ登山道が狭く少し歩きにくくなっているが迷うようなところはない。別山から南竜山荘までは所々片側が切れ落ちた狭い登山道が現れるので注意。南竜山荘への最後の下りが足場の安定しないガレ場が続き急な下りなので慎重に。地図上【最後の水場】から南竜山荘までは水場がなく補充できないので注意。南竜山荘、甚之助避難小屋、中飯場では水の補給が可能。甚之助小屋から中飯場まで足場があまり安定しない下りが続く。ここまでかなり長時間歩いてきているので足への負担が大きくなる。ストックなどを使ってしっかり下ってほしい。夏場の最終バスは17時。間に合わないと慌てることのないようにペース配分をしてほしい。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

日帰りで別山に登るべく前日から車中泊をして臨む!

一ノ瀬駐車場に4時半過ぎに着いたがすでに人、人、人。バスの始発が5時とあってすでにバス停で待つ人々がたくさん。皆さんお早い。ちょっとびっくり。
我々も本日は長時間行動。そそくさ準備をして出発。が、早々につまづいた。登山口がわからずうろうろ。結果工事中につき関係者以外立ち入り禁止の道路を上がっていくのが正解。上がってみれば登山者用に通路までできていた。下から見ただけで入っちゃいけないと判断しうろうろしてしまった。時間ロス、、、

猿壁登山口から本格的な登山道スタート。木々が生い茂り鬱蒼とした感じ。同僚は獣臭がすると言っていたが妻は緑のいい香りと言っている(笑)しかし巨木が多い。非常に太く葉を生い茂らせた木々がたくさんあった。一種のパワースポットだ。だが、長い、、、目印があまりなく風景も変化が少ないので長く感じる。ようやく地図上の最後の水場、らしきものを過ぎたがそれでもまだ同じような感じの登山道が続く。斜面がキツクなってきたころだんだんと視界が開けてくる。今日は雲がかかったり太陽が覗いたり、、、はっきりしない空模様。遠く別山はなかなか顔を見せない。ようやく稜線に出た。風が吹いて火照ったカラダに気持ちいい。登山口から3時間近く。やっとチブリ尾根避難小屋に到着。気の香りが残りトイレもありとても綺麗な避難小屋だった。一服して出発。

避難小屋を過ぎるとまた鬱蒼とした登山道が始まる。両側から笹が覆いかぶさり半袖では歩きたくないな、、と思った。だんだんと登りがキツクなり視界が開け稜線に出るとさらにキツイ登り。一瞬顔を見せた別山に後押しされ登り切るとそこが御舎利山。別山はすぐそこ。ラストスパートの稜線歩きでチングルマやダイモンジソウ、ニッコウキスゲに出会う。着いた山頂には小さな祠がある。めでたく山頂からの視界はほぼなし。春に登った白山から別山の姿がしっかりと見えたのだからここからも白山がしっかりと見えるはずなのだが、、、想像を膨らますのみ。

さて、南竜山荘に向けての稜線歩きを始めよう。この稜線、歩いてみると両側の斜面に花々が咲き乱れとても綺麗。チングルマ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロやクルマユリ。黄色、白、紫、オレンジ。色々な色の花々が咲いていた。ここは気持ちいいぞ。途中片側が切れ落ちたザレ場を通るので慎重に。でもついついよそ見をしたくなってしまう。よそ見魔王の妻はよそ見をしてはすぐコケる。おいおい、気を付けろ。そんな気持ちのいい楽しい稜線歩きも最後は嫌なガレ場の下り。ふと雲の途切れた先に南竜山荘が見える!が、どうやら沢筋まで下りきってまた登り返すようだ。本日のメインイベント?妻はガレ場でつまづきまくっている。おいおい。下りきったところの沢水で火照った体を冷やし最後の登り。出発から7時間近く。ようやく南竜山荘に到着。テン場を覗いてみる。とても広く、炊事場、トイレと設備も整っており、晴れていれば眺めもよさそうで、気持ちのいいテント場だ。今日もたくさんのテントが張ってあった。次はテント泊で登ろう。

この時間にここまで来られていれば一安心。南竜山荘前のベンチで一休み。お隣では宿泊者の方がビールで乾杯。羨ましい。今日はビールはお預けで下山開始。チブリ尾根ではほどんど人とすれ違わなかったが、ここからの下りはさすがに人が多かった。小さい子供や小学生も登ってきた。ガンバレ!
7時間以上歩いてきた体はそろそろ疲れを醸し出し、下りで踏ん張りがきかなくなる。妻もボロボロのようだ(笑)そして出発から10時間近く。別当出合に下山!バス停横にあった湧き水が美味しい!幸せ!(笑)ちなみに本日は3Lの水を持ってきたがギリギリだった。自分はかなり水分のととる方ではあるが、夏場の長時間行動の時は水分を十分用意して臨んでほしい。湧き水本当に美味しかった!

フォトギャラリー

目指せ別山!

たどり着くまで迷ってしまった猿壁登山口

鬱蒼とした森の中を進む

巨木がたくさんあった

ブナの林

ようやく稜線に出る

雲かかぶったり流れたり、、、

チブリ尾根避難小屋

あっというまに小屋が下に、、、

山頂直下 急な登りが続く

最後の稜線歩き 山頂に着くまでに雲よ流れよ

チングルマ

山頂到着!

チングルマ2

クルマユリ

よくわからないかもしれませんが左右にお花畑が広がっています

片側が切れ落ちた稜線歩き

遠くに見える南竜山荘 一旦沢筋へと下りきりそして登り返す、、、

振り返れば難儀して下った登山道がしっかり見えてます

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス