大分県 八面山ボルダー

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
戸田 竜也
GRAVITY RESEARCH NAMBA-B 店舗詳細をみる
日程
2017年12月04日 (月)~
メンバー
トリアス店 戸田
GRAVITY RESEARCH FUKUOKA アルバイトスタッフ
天候
曇り
コースタイム
駐車場→(1~5分)各エリア
コース状況
ボルダーエリアへのアプローチはどこも至便。

昼間気温が上がったからか、スズメバチが飛んでいました。
ポイズンリムーバーはまだ必要かもしれません。
Google Map
  • 18AW NEWARRIVAL 新商品続々入荷中!
  • 好日山荘WebShopお買得商品

感想コメント

リードは行ったことがありましたがボルダーは初めて。
八面山です。
古くから登られていたそうで、クラシックな課題がたくさん。

【今回の課題】

「ウォームアップ」8級 〇
あまり簡単ではないような・・・。

「やさしいの!」7級 〇
これは本当に易しい。高いだけ。

「入口クラック」7級 〇
ハンドジャムがよく効くが、出だしの足元はクラックが閉じている。

「マウンテンマスター」7級 〇
ホールドが遠い。

「掃除人」5級 〇
上部に悪いホールドが集中しているので怖い。

「フレアー」5級 〇
フレア部分まで上がればあとは楽。

「中級クラック」5級 〇
浅いクラックなので序盤はハンドジャムがほとんど効かない。

「石舞台正面ダイレクトA」3級 ×
7mほどのハイボール。
核心が下部なのが救いだが、ムーブが全然わからない・・・。

「ノーズ」2級 〇
リーチ得なはずなのに苦労しました。

「フラワー」1級 〇
ためらわずに足を上げるのがいいようです。
右側のカンテはおそらく限定なのでいちおう使いませんでした。

「チェルシーチェイン」1級 ×
最後のガバポケットを取ってから力尽きて落ちる、を繰り返しました。
ムーブをもう少し練らないとダメかもしれません。

クラシックな岩場というのはいいですね。
神妙な気持ちで岩に向かえます。

フォトギャラリー

石舞台。デカい。

アップで「ウォームアップ」。の、のぼりにくい・・・。

続いて「掃除人」。低いスタートから、

高いところまで。いやー怖い。

こんなカチがスタート。

Sさんも登る。

「フレアー」のフレアクラックに突っ込む。

「フラワー」の遠いホールドを取ったところ。

上が・・・、

何もないのでモジモジ。

登れたー。

「石舞台正面ダイレクトA」。とにかくデカい。

いろいろ試すものの、

全然できず敗退。

移動して「チェルシーチェイン」。

八面山5大クラシック。

「マウンテンマスター」の前でたたずむSさん。

さらに移動。きれいなクラック、「入口クラック」。

「ノーズ」をやる。

遠かった・・・。

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
  • 18AW NEWARRIVAL 新商品続々入荷中!
  • 好日山荘WebShopお買得商品