室堂~朝山 雷鳥会えたよ!立山 雄山(2991M)リハビリ登山69 (富山県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
木德 尚代
神戸本店 店舗詳細をみる
日程
2019年08月20日 (火)~2019年08月20日 (火)
メンバー
単独
天候
晴れ 
コースタイム
朝 室堂山荘 4:40~ 一の越 5:10~ 雄山 三角点 5:50~ 一の越 6:10~立山室堂山荘 6:50 
コース状況
整備された登山道 ただ 天気がかなり不安定でした。
20日は朝だけ晴れ 午前8時からは降りだしました。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

立山室堂山荘をベースキャンプにした日帰り山行の最終日です。

前日、大日三山縦走の後に雄山だけ登ろうと思っていたのですが、予報より豪雨になり、
帰路に着く朝だけ晴れる天気予報を見て早出しました。

真っ黒の中、慣れた道でも、一人だとヘッドランプは明るければ明るいほど、心が落ち着きます。
4時50分になると明るくなります。(五時過ぎ日の出)真っ暗闇スタートにも慣れますね。
数年前に立山三山縦走して以来でしたので、一の越からの岩場のペンクマークに驚きました。
おのぼりさんは赤マーク、おくだりさんは黄色マークになります。
かなりの強風と気温も低く、ファイントラックのシェルが活躍しました。(下はフォトンパンツ)
昨日と打って変わって、気温も10度くらい、強風です。
ただ登りなので、上着は防風シャル一枚で大丈夫です。
ガレ場登ると山頂です。先着の方がいらっしゃいました。(朝一番でなかった・・・。)神社はまだ開いてないので、三角点に触れて下山します。
下山途中に、何か音がと思うと「ライチョウ」さんでした。
森林限界超えた場所でしか生息せず、3000匹くらいといわれております。
昨日に引き続き雷鳥に会えた二日間でした。だんだん晴れてきて、一の越からのお花畑を楽しみます。シロツメクサ、イワギキョウ、チシマギキョウ、タカネツメクサなど、大日ではあまり見られなかった花にも会えました。高度が増すと、花が変わりますね。チングルマの果穂、イワイチョウ、シラネニンジンン、ヨツバシオガメ、エゾシオガマ、クロトウヒレン、ウサギギク、ミヤマホツツジ、シラネニンジン、タカネオトギリ、ハクサンボウフ などなど、お花畑も終わりに近づいておりますが楽しめました。

朝はお弁当にしてもらってましたが、寒すぎて下山後、お味噌汁出していただけ(ごはんお味噌汁お替り自由)暖かいお茶といただけました。室堂山荘は食事がとても美味しかったです。(前日は夕日を撮りたくて、5分で流し込みましたが(笑))スタッフの皆さまの従食がすごかったです(笑)

室堂山荘は今の山荘の裏に、日本最古の山荘があります。見学は9時からであきらめ、立山ホテルで、山の母の大好きな 「黒部ダムシフォンケーキ」を頂きケーブルに乗り込みました。
お酒沢山、地ビールも沢山で立山ホテルのお土産コーナーはお酒好きにはたまりません。お土産悩みますよ(笑)

久しぶりの立山、森林限界超えた山の空気を味わえ、山に帰れた感ありました。
雨予報の中の 軌跡の晴れ間山行でした。


(写真前半は、到着時の夕景の室堂です)

フォトギャラリー

チングルマと夕日

立山 雄山と大汝山 ヤマハハコ

チングルマも果穂に

逆さ 立山 みくりが池

みくりが池 でゆっくり休憩です

染まってきました

ウサギギク ヨツマシオガマ クロクモソウ チングルマ ハクサンボウフウ 

立山も染まります

沈みます

雄山 目指す途中 後立山

お登りさん 赤 ペンキ

上 チシマギキョウ(花冠に毛がある) 下 イワギキョウ

山頂 鳥居 

一等三角点 

下り 晴れてきます

雷鳥さん

チングルマ と 雷鳥沢 キャンプ場

日本最古の山荘 室堂山荘

朝穂藩 お弁当と温かいお味噌汁

ホテル立山の贅沢 黒部ダムシフォンケーキと水出し珈琲

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

神戸本店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部