雷鳥会えたよ、大日三山縦走  リハビリ登山68 (富山県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
木德 尚代
神戸本店 店舗詳細をみる
日程
2019年08月19日 (月)~2019年08月19日 (月)
メンバー
単独
天候
快晴 最後 30分雨
コースタイム
立山山荘 4:30~ 雷鳥沢~ 奥大日岳 6:40~ 大日小屋 7:55~奥大日 8:10
~奥大日 10:20~ 2611m ピーク ~雷鳥沢 11:55~ 立山山荘 12:30

8時間
コース状況
整備された登山道、奥大日~大日 がややガれ場 鎖場あります。
奥大日~ 大日 アップダウンありますがやや下り、帰りが登りになるので、ピストンはややキツメです。距離約20KM 
稜線歩きなので、晴れると暑く、お水は2リットルは必須です。ただ荒れると風きつく天気次第の稜線です。この行程は暑かったですね。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

久々の立山です。
当初の予定は「大日小屋」ランプの小屋に泊まり、名瀑「称名滝」を下る行程でしたが、二日目が雨が強い予報で、行程変更して、大日小屋泊まりは諦め、同行者とは別行動で単独奥大日岳三山縦走になりました。

同行の山母仲間さんは奥大日岳のピストンです。
4時過ぎに行ってらっしゃいと見送っていただきました。
コースタイム10時間くらいなので、暗闇スタートです。
朝の地獄谷はおどろどろしい(笑)
雷鳥沢でやや明るくなりました。

途中高山のお花が出てきて癒されます。割としっかり登っていきます。
稜線出るとお花畑。久々のチングルマ、ハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、ヨツバシオガマ、ウサギギクなどの「ザ、お花畑 アルプス高山の花」に癒されます。コイワカガミも少し残っておりました。早月尾根からの劔岳が神々しい。この稜線眺めながらの絶景ハイクです。
白山、笠ヶ岳などアルプス望めます。
奥大日山頂からは、ガれの下り、登り、下り、アップダウン続きます。
紅葉綺麗な七福園は面白い岩場でした。
中大日過ぎると、大日小屋です。数分で山頂に。バックに劔岳が望め最高の展望でした。
13時くらいから雨の予報なので、急いで下ります。がほぼ登り・・・。下りなのに、登ってる。
地味な登りが案外応えました。暑さにも疲れてきた時、奥大日過ぎたところで、雷鳥家族が登場です。
可愛い!癒されます。
下る途中で、山母様に合流いたしました。下った後、雄山だけ登りたかったので、先を急ぎます。
雷鳥沢過ぎたところで、天気予報通り(少し早い?)雨。雷鳥坂がきつかったです。
血の池地獄で、レインウエア装備したところやみました(笑) 
小屋について、装備していると、またまた強い雨になり、明日の朝に臨みをつなぎ
山母仲間さんと、乾杯して寛ぎました。

立山の山小屋はお風呂あるところ多く、ありがたいです。室堂山荘の夕食は、とんかつ、サバの塩焼き、なんと風呂吹き大根、トマトサラダなど贅沢な美味しい夕ご飯でした。

雨予報の中で、奇跡のような晴れ山行楽しめました。次回は称名滝下って、ランプの宿に泊まりたいですね。

フォトギャラリー

大日岳山頂から劔岳

地獄谷からスタート

雷鳥沢

劔岳

立山が燃える

まずは奥大日目指します

稜線はチングルマ咲いてます

雲海のむこうは白山

奥大日岳

さてまだまだこれからです

鎖場を下る

大日小屋 向こうが大日岳 遠い・・

岩場を抜けて

七福園

大日小屋

早月尾根が綺麗です

雷鳥家族  

アップです,こっち向いてくれました!

チングルマとコイワカガミ のコラボ 

池塘です

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

神戸本店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部