雪の愛宕山~地蔵山 / 京都北山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
上田 哲也
日程
2020年01月06日 (月)~2020年01月06日 (月)
メンバー
グランフロント大阪店:上田
天候
晴れ
コースタイム
清滝~80分~水尾別れ~30分~愛宕神社~20分~愛宕山(889.8m)~35分~地蔵山(947.3m)~45分~月輪寺・分岐~50分~月輪寺・登山口~25分~清滝
コース状況
積雪有り
愛宕山スキー場の標識から道なりに進むと地蔵山へ行けます。

水場:表参道の途中に「お助け水」あり
WC:愛宕神社
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

京都北山にある愛宕山から地蔵山へ行ってみました。

前々日の夜に京都の山間部で降雪があったので、積雪を期待しつつ清滝から表参道を登りはじめる。時間が早い為か朝霧が出ており、木立の隙間から差し込む光と合わさって、幻想的な景色が見られました。嵐山から見える愛宕山が白く雪化粧していましたが、山中では「カワラケ投げ」ぐらいから雪が見え始めました。

「水尾別れ」から先は、毎年溶けた雪がカリカリに凍ってよく滑りますので、休憩所でアイゼンやストックをすぐ使えるよう準備しておくと良いです。黒門から滑りやすい道を慎重に登って、1時間50分で愛宕神社に到着。気温は-3度で、比較的温かい。愛宕神社の参拝を済ませると、三角点へ向かう。神社から20分で到着。気温0度。

愛宕山の三角点から愛宕山スキー場跡を経由して地蔵山へ。神社から1時間弱で到着。気温-3度。展望なし。山頂は積雪は10cmぐらいで所々地面が見えていました。帰路は月輪寺経由して、清滝に下山しました。

フォトギャラリー

嵐山から見た愛宕山

朝霧

朝霧と木漏れ日

雲海

うっすら雪化粧

青空に雪が映えます

凍てつく道

雪景色

雪景色

雪景色

雪景色

雪景色

愛宕神社へ

愛宕神社

三角点に向かう途中の景色

三角点

地蔵山へ

地蔵山へ

地蔵山へ

地蔵山

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部