北アルプス縦走【4日目】 伊藤新道茶屋から湯俣温泉、高瀬ダム。

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
佐藤 有朋
さいか屋横須賀店 店舗詳細をみる
日程
2021年10月07日 (木)~2021年10月07日 (木)
メンバー
友人1名
天候
晴れ
コースタイム
伊藤新道内【茶屋】-(300分)-湯俣温泉晴嵐荘-(110分)-林道終点-(60分)-高瀬ダム
コース状況
沢の水量は少なくなっており渡渉する事が可能。前日の雨の影響少なく、渡渉する場所を間違えなければ比較的安心。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

ビバークした茶屋から今回はスタート。
平坦な場所が無くて夜、何度も起きてしまいました。
朝起きたらテントが傾いていて、これはでは寝心地が悪いわけだと納得。

ここから沢エリアになるので沢登りの格好で第五つり橋付近から入渓。
渡渉点を間違えないよう右へ左へ渡渉しながら第四・第三・第二つり橋跡と進んでいきます。
つり橋の残骸のワイヤーや『増水時・・・』の注意書きを確認して行きます。
水量は少なくなっており深いところでも腰くらいでした。
ちなみに私の身長は186センチなので一緒にいた友人はもっと浸かってました。

一番の核心は第一つり橋だと感じました。
高巻きした後、傾斜がきつい場所だったので懸垂1回しました。
正解は高巻きではなくて沢をへつって行くようです。

ここを越えれば後は湯俣温泉晴嵐荘まで約1時間ぐらい。危険箇所は無くなります。
晴嵐荘では楽しみにしていた炭酸飲料が売り切れで二人して足取り重く高瀬ダムまで
約3時間半のハイキングを楽しみました。

フォトギャラリー

明るくなってきました。友人が珍しく夢を見たと。そして激流に流される夢だったと。なんと不吉なという話をしながら出発の準備します。

ビバーク地の茶屋から出発。

小さく見えるのが湯俣川。これを下流へ向かっていきます。

まずは沢に下ります。ルートにはピンクルボンもあってわかりやすい。

第五つり橋跡。ここから約5時間を予定してます。

渡渉します。流れは少ないようです。

第四つり橋跡。ここまで第五から40分程度。ワイヤーが残ってます。

時間的にはかなり早いです。

第三つり橋跡。『増水時勇気を持って引き返せ』の跡がありました。

渡渉場所にはケルンがあったりペンキがついています。比較的わかりやすいです。

第二つり橋跡。ここは左のヤブに入っていきます。ペンキあります。

ここまで約2時間半くらいです。休憩しながらでも予定より早いです。

第一つり橋跡。ここでルート間違えて1回懸垂下降しました。岩の上部にスリングかかってます。

湯俣温泉の噴湯丘。ここまでくれば観光地です。まわりに野天湯あります。

温泉入りたい放題。

晴嵐荘で着替えて高瀬ダムに向かいます。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

さいか屋横須賀店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部