落ち葉歩きの蛭ヶ岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
日下部 友哉
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2013年10月31日 (木)~2013年10月31日 (木)
メンバー
単独
天候
晴れ後曇り
コースタイム
青根登山口(100分)八丁坂ノ頭(15分)姫次(25分)地蔵平(60分)山頂(45分)地蔵平(30分)姫次(15分)八丁坂ノ頭(60分)青根登山口
コース状況
特に危険なし
山頂付近は木の階段になるので、踏み外さないように注意
難易度
Google Map

より大きな地図で 無題 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

丹沢最高峰 蛭ヶ岳へ。
なかなかどの登山口からも時間がかかる山ですが、日帰りで行くなら青根登山口が
最短ルートだと思います。

落ち葉の道をサクサクと歩き、頭上は紅葉。
姫次からは冠雪した富士山を見ながら歩けます。

蛭ヶ岳山頂に近づいていくにつれて、木の階段が増えてきます。
やっぱり丹沢は木の階段が多いですね。。。

階段を登り終えると広い山頂と山荘。そして富士山がきれいに見え、展望抜群です!
山頂には少し大きめのベンチがあるので晴れた日には日向ぼっこが最適です。
気づいたら山頂に1時間半もいました(笑)

山頂の紅葉はもう終わりでしたが、落ち葉歩きが楽しめて満足♪♪
次来るときは丹沢主脈を縦走したいですね!

フォトギャラリー

黄葉を見ながら落ち葉歩き

青根登山口

釜立沢沿いを登っていきます

しばらく歩くとふかふかの落ち葉道に

姫次から富士山

目的地の蛭ヶ岳

まだまだ落ち葉歩き

木の階段から左に檜洞丸、右に畔ヶ丸

頂上付近には霜

山頂より富士山とススキ 

小屋のご主人も日向ぼっこ中

蛭ヶ岳山荘

宮ヶ瀬ダム、伊勢原方面

山頂に残る1本の黄葉の木

チゲ鍋でうまうま、あったか

ナナカマドの赤い実が空に映えます

下山開始

木道と紅葉

工事用のモノレール

リンドウ

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部