くじゅう連山・涌蓋山(わいたさん)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
柴田 大助
日程
2013年12月15日 (日)~2013年12月15日 (日)
メンバー
単独
天候
☁/☀
コースタイム
涌蓋山登山道入り口(40分)林道終点(50分)涌蓋山山頂(40分)林道終点(30分)涌蓋山登山道入り口
コース状況
1200m付近からうっすら積雪あり。
危険個所や迷う場所も特にありませんが、
午後の下りは雪が溶けてぬかるみが多く
かなり滑りやすかったです。
難易度
Google Map

より大きな地図で 涌蓋山 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

大分では玖珠富士(くすふじ)、熊本では小国富士(おぐにふじ)と呼ばれる、涌蓋山(わいたさん)。
円錐形の独立峰ですが、なだらかな山容でどこか可愛らしく、綿帽子山と呼ばれるのもうなづけます。
登り始めて暫く行くと視界を遮るものがほとんどなく、開放感にあふれた道が続きます。
後を振り返ると常にはげの湯温泉の湯気が見下ろせ、どこで休憩しても素晴らしい景色が広がっています。
往復4時間見れば山頂の360℃のパノラマビューも満喫して下山できるでしょう。
下山後の温泉もセットでのんびりできました。

フォトギャラリー

円錐形のなだらかな山です(下山後)

はげの湯温泉の朝

登山道入り口

ここからスタートしました

おお、なるほど

登り始めからこの眺め、山頂まで続きます

車でとばさず歩いてほしい場所です

この先から一旦林道に出ます

林道終点からの入り口

うっすら雪化粧

この時期に九州で見れるとは

ほぼ一直線の登りです

一瞬の日差し

晴れてくれないのでパシャリ

そうこうしてるうちに山頂到着

青空が少し顔を出すもくじゅうの山々は雲の中

風力発電の他にも地熱発電もしているそう

山頂で粘りましたが諦めて下山開始

林道終点(ゲートあり)の駐車スペース

さあ温泉が楽しみ

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部