槍・穂高連峰を眺めて歩くその2 双六キャンプ場~新穂高

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年09月17日 (水)~
メンバー
天候
快晴
コースタイム
双六キャンプ場(120)鏡平(140)小池新道登山口(15)わさび平(90)新穂高
コース状況
前日同様ベストな登山道。
難易度
Google Map

より大きな地図で 双六岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

前日の登りで脚がつってしまい、双六岳への往復する気が出ず下山することにしました。

昨夜は雲の無い星空で天の川や夏の星座も堪能できました。朝方の冷え込みはかなりなもので180gのダウンシュラフでは寒さを感じました。それもそのはず、双六池の脇にある小さな池は凍っていました。

昨日雲の中だった槍・穂高が今日は全部バババッーンと見えました。さらに加賀の白山、焼岳から乗鞍ごしの木曽の御嶽山、その左にはうっすらですが恵那山まで。ああ~来てよかった!と思いました。

弓折乗越へ向かう途中では、久しぶりに知人のガイドとすれ違い再開を喜び合いました。

鏡平小屋では美味しいコーヒーを飲み、池に映った山並みを堪能し下山しました。小池新道からの林道は登って来た時よりも長く、辛く感じました。林道に出た時点で安心してしまい気持ちが切れてしまいました。

次は黒部五郎岳まで行こうと心の決めたおじさん登山愛好家でした。

帰りは平湯温泉で汗を流して名古屋に帰ってきました。

来週は松坂の『伊勢山上』と三河の『鞍掛山』に登ってくる予定です。目指せ年間登山50日!

フォトギャラリー

槍ケ岳と秋の雲。

もひとつ秋の空。

双六池キャンプ場。微妙な傾斜地でシュラフが滑ります。

凍った池

霜の降りた葉っぱ。

加賀の白山

今日は雲のかかってない槍穂高連峰

ここも大昔海の底だったんだと思います。

稜線上の池に鴨。

弓折乗越付近から鏡池小屋を見下ろして

焼岳、乗鞍岳一番奥に御嶽山

鏡平小屋。

小屋のドリップコーヒー¥500.美味しいです!

よく見る風景。鏡池に映る槍穂高連峰

わさび平付近からの錫杖岳。

そのアップ。300mmで撮ってるので若干手ブレしてしまいました。

林道ゲートに設置された概念図。

今回使用しのMHWテント。テント場は双六ではありませんが・・・

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部