好日山荘 登山学校 白馬大池から白馬鑓温泉 3泊4日

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本社 加藤 智二
日程
2011年08月01日 (月)~2011年08月04日 (木)
メンバー
好日山荘登山学校会員様 ガイド2名 加藤
天候
曇り 時々晴れ
コースタイム
初日:栂池ヒュッテまで。栂池自然園散策 
二日目:栂池ヒュッテ5:30 白馬大池9:30 小蓮華岳11:40 白馬岳13:30 
三日目:白馬山荘5:30 白馬鑓ケ岳9:00 白馬鑓温泉11:00
四日目:6:30 大岩上7:40 猿倉11:00
コース状況
白馬乗鞍岳への途中に雪渓が残っています。道に分かりにくさはありませんが、稜線では植生保護のため決まった道を歩くようにしましょう。
白馬鑓温泉までは崩れやすく、滑りやすい蛇紋岩質です。濡れると本当に滑ります。時間に追われたり、疲労してくると事故を起こしやすい場所です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 白馬大池から白馬鑓温泉 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

栂池自然園は時間をつくって是非お立ち寄りください。栂池ヒュッテに泊まれば美味しい夕食を食べられますよ。
白馬大池から白馬岳まで様々な色の岩石が繰り返し出てきます。是非、チェックしてみてください。おなじみのチングルマも雪解の具合によって、花盛りから種までを観察できます。
稜線から白馬鑓温泉への道は、滑りやすいので慎重に下りましょう。鎖場を過ぎた後のトラバースも要注意です。
鑓温泉を通り過ぎるのはもったいないですよ。是非、もう一泊を。

フォトギャラリー

昔の栂池ヒュッテです。

オタカラコウに綺麗なカミキリムシがいました。

雪渓の歩き方の説明を受けています。

天狗原に着きました。

天狗原で見つけたチングルマにかかった蜘蛛の水玉レース

ガスがかかっていますが元気な参加者の皆さん

白馬大池の縁を回って大池小屋へ

小蓮華岳に向かいます。

三国境を白馬岳に向かいます。この一帯は舟窪地形となっています。

タカネツメクサ。細長い花びらを持つのはイワツメクサです。

白馬岳頂上です。残念ながら視界はありませんでした。

今年の夏はヘリの空輸がトラブル続き。8/3早朝、やっと荷揚げができました。

杓子岳に向かって、気持ち良い稜線を歩きます。

二連水玉ネックレス。雨や濃霧も悪いことばかりではありません。

気持ちの良い鑓ヶ岳への登り

蛇紋岩質の滑りやすい部分。鎖が無いところが安全なわけではありません。この前後も気を抜かないように。

憧れの白馬鑓温泉。

テント場もあります。これだけの建物を雪の来る前にたたみ、春に再び建てるのです。ご苦労様、ありがとう。

雪渓を渡りますが、其の前後の沢は崩壊が激しいので慎重に歩きましょう。

杓子の大岩の上で元気に手を振る参加の皆さん。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部