北アルプス南部縦走(三俣連華、鷲羽岳)後半

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年09月01日 (火)~2015年09月04日 (金)
メンバー
天候
雨時々曇り
コースタイム
3日目;三俣山荘テント場→(70分)→鷲羽岳山頂→(60分)→ワリモ北分岐→(40分)→水晶小屋→(30分)→ワリモ北分岐→(60分)→黒部源流→(45分)三俣山荘テント場→(150分)→巻き道ルート経由→双六小屋(泊)
4日目;双六小屋→(70分)→弓折分岐→(30分)→鏡平山荘→(150分)→(小池新道経由)→わさび平小屋→(60分)→新穂高温泉
コース状況
ほぼ良好。ワリモ岳〜ワリモ北分岐間に1カ所ロープが張られているところが有り、歩行時注意が必要です。黒部源流付近は雨の状況によっては歩けない事も有りますので、必ず近くの三俣山荘にて情報を得てから行く事をお勧めします。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

縦走後半。奇跡的な晴れも2日目の夜中より再びの雨模様。
3日目も空の様子を伺いつつ、鷲羽岳と水晶岳を目指しました。鷲羽岳直下より風雨が激しくなり、何とか鷲羽岳山頂へ。 真っ白な山頂を堪能し、そそくさと水晶岳方面へ向かいました。とりあえず水晶小屋に到着しましたが…。風雨が収まる気配も無いので、今回は諦めて前日の宿三俣山荘テント場へ向かう事に。途中美しい黒部源流を眺めながらテント場へ行き荷を撤収後、一路双六小屋へ向かいました。
相変わらずの天候の為、双六小屋へ素泊まりをさせて頂きました。
4日目;早朝のみ見事な晴れ。天気が崩れないうちにと急いで帰路に着きました。

4日間総じて、殆ど雨の山行でした。晴れ間が出ると日差しが強く暑く感じましたが、曇れば瞬時に体感温度が下がります。
この時期、ウェアのレイヤリングには悩まされますが…
今回のウェアリングは
行動時は
ウールの薄手長袖Tシャツ
薄手のソフトシェル(雨天時はレインウェア)
春夏用のトレッキングパンツとサポートタイツ
就寝時は
ウールの中厚手の長袖Tシャツ
インナーダウンジャケット
ウールの中厚手タイツ
春夏用トレッキングバンツ で快適でした。

フォトギャラリー

2日目。奇跡的に晴れ間が出ました。黒部源流方面

風雨の鷲羽岳山頂

鏡平。最終日に少し晴れ間が。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部