沢登り研修 in前鬼川本谷(孔雀又谷)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
辻 まい
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2016年06月14日 (火)~2016年06月14日 (火)
メンバー
島田ガイド、井坂ガイド
四日市店 米村さん
なんば店 辻
天候
くもり のち晴れ
コースタイム
前鬼林道ゲート→(4時間)→垢離取場→(50分)→小仲坊→(20分)→前鬼林道ゲート
コース状況
国道169号から前鬼口から前鬼林道へ入る。前鬼口に最後の自販機がある。
途中で不動七重ノ滝を眺めることができる。
車止めのゲートの手前に駐車スペースあり。

黒谷吊橋を過ぎて沢を下ると本流に合流する。
前日までに雨が降ったため、水量は多めでした。
そのため2段10m滝の頭で対岸にうつらず左岸を進む。
箱状の廊下を右岸・左岸で二手に分かれるが、左岸が安全です。
垢離取場で登山道があり(赤テープあり)、小仲坊を経由して戻ることができる。

温泉情報
上北山温泉薬師湯(第1・3火曜休み)
入浴料500円
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

沢登り研修に参加しました。
二日間のうち、一日目は机上にて装備や遡行図を確認し、天気の様子を見ながら場所の選定を行いました。
午後には天気も回復し、鈴鹿の宇賀川蛇谷で実践。
二日目は大峰に移動し、前鬼川孔雀又谷を遡行しました。

今回のレイヤリング
【上】
ファイントラック アクティブスキン ロングスリーブ
ファイントラック フラッドラッシュ ジップネック
速乾性のベスト
【下】
ファイントラック アクティブスキン タイツ
ファイントラック フラッドラッシュ タイツ
バーグハウス バギーショーツ
【足】
キャラバン 渓流 KR_1R
キャラバン 渓流 スパッツ&ソックス

前鬼川は、苔のついた岩のほうが多くビブラムソールの靴だと足元が滑るので、かなりこわい思いをしました。
アクティブスキン+フラッドラッシュのレイヤリングだとこの時期でも水の中に積極的に入れます。
自分は慣れていないので、なんでもない場所でよく滑ってこけたり、岩を登る際にも膝やすねをぶつけるため、スパッツは必須でした。
膝あてがあるとさらによいです。

噂に聞いたとおり水が透き通り、滝や釜の水量も豊富で素晴らしい渓谷でした。
研修でしたが時間があっという間に過ぎ、沢登りの楽しさと難しさを知ることができました。
前鬼川、すごくよいとこです。ぜひ、訪れてみてください!

フォトギャラリー

一番の見せ場の川幅いっぱいのナメ

入渓します

素晴らしい渓谷

地図をよく見ながら進みます

2段10m滝

米村さんがリードで登りました。

どこに足を置いても滑ります・・。

いつまでも歩いていたいです。

私だけ滑ることが多い。

水の中、とても青いです。

本流をそれて、

三重の滝

大岩がごろごろ

いけそうなところを探します

見るからに滑りそうな・・。

箱状の廊下

滝の上で対岸にうつる。とてもおそろしかったです。

垢離取場で終了

下山後にはヒルチェックを!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部