木曽川水系・阿木川本流沢登り

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
名古屋栄店 店舗詳細をみる
日程
2017年09月06日 (水)~2017年09月06日 (水)
メンバー
名古屋栄店 本田康之・足立智也
イオンモール各務原店  田中康佑
四日市店        米村成史
天候
曇り
コースタイム
風神神社(30分)1つ目の堰堤(30分)2つ目の堰堤(60分)二股(25分)林道交差(35分)風神神社
コース状況
アプローチ
・公共交通機関は明知鉄道阿木駅から徒歩のみ
・マイカーは国道363号阿木駅付近から風神神社の標識に従い、風神神社へ

①風神神社に駐車場・トイレがあります
②風神神社奥からの踏み跡から入ります
③堰堤が2回出てきますが、右岸の踏跡を伝って越えられます
④林道の橋を1回潜ります
⑤左岸から大きな沢が流れ込む2個目の支流を進むと橋が出てきて、林道に這い上がります。または二股をもう少し進むと、こちらも橋が出てきて、林道に這い上がって終了です
⑥難しい滝はないですが、後半の釡を持つ3mくらいの滝がハイライトで左から簡単にまけますが、ロープで引き上がればシャワークライミングで登れます(滝自体はホールドがあります)
⑦二股から支流に進んでも2つほど、小滝が出てきますが容易です
⑧阿木林道は未舗装ですが、途中から舗装路に変わります(橋からすぐに車止めのゲートがあります)
⑧立ち寄り湯は花白温泉駅に隣接する花白温泉が540円になります
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

阿木川(あぎがわ)は中津川・恵那市境の焼山を源にする木曽川水系。上流部の風神神社前後は堰堤があり、距離が短いながらもちょっとした沢登りが楽しめますが、今回は風神神社より上を遡行してきました。
前日の雨と当日朝の雨でやや水が多かったですが、濁らずきれいな水でした。小滝が数本あり、へつり・泳ぎどちらでも進める釡や登れる滝もあり、それなりに楽しめる沢で、初心者にはちょうどいい長さとレベルで、下山が並行する林道で下るというのもいいと思います。物足りない人は下流から遡行するか上の天狗森山や岐阜百山のロクロ天井を登って帰るのも案だと思います。

フォトギャラリー

なかなか綺麗な沢です

本殿背後には風穴が祀られる風神神社がスタート

入渓地近く、本流だけに川幅は広いです

寒いけど・・・泳ぐ人

ここも泳ぐかへつるか

大股開きで登ります

最初の堰堤・・・ここは右岸を巻きます

斜めに傾斜しています・・・ぼっとしてたら滑っていきますよ

面白そうな滝が登場

ここは左の岩場を抜けます

2回目の堰堤・・・ここも右岸を巻きます

巻道はこんな感じで踏跡がちゃんとあります

本日、核心の滝

米村さん登場!シャワークライムです

田中君登場!シャワークライムです

支流に入っても滝が出てきます

橋が見えてきて、終了!

3人様・・・お疲れ様です

林道にはヤマジノホトトギスがたくさん生えています

途中の端から見た阿木川本流

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
finetrack(ファイントラック)ラピッドラッシュジップネック メンズ

finetrack(ファイントラック)ラピッドラッシュジップネック メンズ

finetrack(ファイントラック)ラピッドラッシュタイツ メンズ

finetrack(ファイントラック)ラピッドラッシュタイツ メンズ

berghaus(バーグハウス)ベーシック トレック ショート / カラー NB2

berghaus(バーグハウス)ベーシック トレック ショート / カラー NB2

  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!