2週続けて南アルプスへ、北岳編。

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
佐野 原生
川崎ダイス店 店舗詳細をみる
日程
2018年08月27日 (月)~2018年08月28日 (火)
メンバー
単独
天候
晴れのち曇
コースタイム
Day1
広河原山荘→白根御池小屋(2時間)→小太郎山分岐点(2時間)→肩の小屋(40分)→北岳山頂(40分)→八本歯のコル分岐点(15分)→北岳山荘(30分)

Day2
北岳山荘→八本歯のコル(1時間)→左俣コース→広河原(2時間)
コース状況
広河原山荘から肩の小屋、山頂から北岳山荘まで崩落箇所無し。
八本歯のコルから大樺沢にかけて一部崩落箇所あり、残雪無し。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

今年も北岳に。

お盆も終わり、甲府駅から出ている広河原行きのバスは通常ダイヤ。始発は9時発。

早くても登り始めは11時から、今日中には北岳山荘に着きたいのでタイト目の行程。

広河原山荘から登り始めて両俣分岐点までは晴れ間が見えてましたが、この時点で夕方の4時過ぎ。
山頂付近はガスガス。肩の小屋から先はノンストップで登り進め、5時半に山荘到着。

先週の鳳凰三山と同様、北岳山荘のテント場も比較的空いてる感じ。
夜はフリースと綿物を着てないと寒いくらい、山の上はもう秋でした。

翌朝は一度4時に起床し、テントからご来光待ち。
あいにく天候が悪く、はっきりとした朝日は見れませんでしたが、一瞬だけ太陽に映し出された幻想的な富士山が見る事ができました。

山荘にいる知人と雑談しながら、遅めの8時下山開始。
広河原まではノンストップで下り、11時半に広河原に到着。
12時発の甲府行きのバスに乗り込み下山完了。

毎年来ている北岳、今年で10年連続。
いつ来ても魅力的な山です。

フォトギャラリー

広ヶ原からスタート

斜度のある地味な登りをゆっくりと

白根御池小屋に到着

白根御池小屋名物はコレですね

核心部の草すべり

草すべりを越えて森林限界を超えると見晴らしの良い稜線に、時間的にガスガスですが

肩の小屋に到着

山頂はもうすぐそこ

北岳山頂

険しい岩稜帯の稜線歩き

5時半、北岳山荘に到着

本日の寝床

朝4時半、山荘のテント場から見えたご来光

八本歯のコルへのトラバース

浮き石も多いガレ場、慎重に

八本歯のコル、この先に続く梯子はクセもの

大樺沢

正真正銘、南アルプスの天然水

沢と一体化してる道

広ヶ原へ下山完了

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

川崎ダイス店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部