雪山硫黄岳リベンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
長縄 諒
町田店 店舗詳細をみる
日程
2020年02月04日 (火)~2020年02月05日 (水)
メンバー
11店 日下部
天候
晴れのちくもり
コースタイム
1日目
美濃戸口-(55分)-美濃戸-(110分)-赤岳鉱泉-(40分)-赤岩の頭-(30分)-硫黄岳-(10分)-赤岩の頭-(50分)-赤岳鉱泉
行動時間:4時間55分
2日目
赤岳鉱泉-(35分)-中山展望台-(10分)-行者小屋-(100分)-美濃戸-(45分)-美濃戸口
行動時間:3時間10分
コース状況
赤岳鉱泉までは凍結道があるため、チェーンアイゼンがあると良い
硫黄岳直下はピッケルがあると良い
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

なんと早いことでしょうか、早速やって来たリベンジの機会、ココを逃す手はありません!
前回残念ながら敗退した厳冬期硫黄岳にチャレンジするまたとない機会がやって来ました!

今回は経験豊富な先輩と一緒に赤岳鉱泉経由で硫黄岳へ行き、2日目は赤岳に登る計画です。
前回同じルートを使い、赤岳鉱泉まで行ったこともあり、知った道なので疲れやすさもいかばかりか軽減できました。
ある程度知ってる道だと”あとどのくらいでどこだ”みたいに感覚的に分かるので疲れづらい感覚があるのですが、皆さんはどうでしょうか?
おかげで前回よりも早く到着することが出来ましたので、小屋について前回同様お昼休憩。

お昼も食べて、前回のリベンジ!硫黄岳へ向かいます。
前回は前回は苦戦したジグザグ道もすでに知っているので、ある程度疲れも軽減。
とはいってもまだまだなれない雪山歩き、夏山と同じようにとはいきませんがゆっくりゆっくり上ります。
やっと着いた赤岩の頭は素晴らしい快晴!これを待ってました!!

ここからの歩きはかなり風が出てきましたのでハードシェルを着足して再出発。
上に上がれば上がるほど爆風になる稜線歩き、最後の場所以外は危ないポイントも少ないのでゆっくり上がり、みごと登頂!
晴れた雪山はこれ程にもきれいなのかと感動してしまいました!

2日目は残念ながら天気が優れず、中山展望台まで行きましたが、山頂部はガスで何も見えない状況でしたので、
今回は撤退することになりました。これもまたリベンジしたいですね

フォトギャラリー

硫黄岳山頂部の爆裂火口の様子

美濃戸口を出発!

ここまではまだまだ余裕の平地歩き

今回も北沢ルートを行きます

前回通らなかったショートカット

気持ちの良い林道歩き

ここからは若干登り道

空が晴れてて気持ちいですね~

ここを抜ければ赤岳鉱泉

アイスキャンディーカッコいい!

昼食はカルボナーラを頂きました

硫黄岳へ向けてシュッパーツ!

前回は見ることができなかった稜線の様子

快晴でとても素晴らしい眺めです!

樹氷が山頂部ではできていました

最後の登りですね

山頂に到着!やったぁ!

名物ステーキ定食にありつけました

翌朝、赤岳をめざし行者小屋方面へ

山頂部はガスがひどく、風も強かったため撤退しました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

町田店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部