伝説の岩場へ 湯谷ヶ岳 / 京都西山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
上田 哲也
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2021年05月31日 (月)~2021年05月31日 (月)
メンバー
グランフロント大阪店:上田
天候
晴れ
コースタイム
玉依神社~3分~福泉寺・登山口~35分~湯谷ヶ岳(622.4m)~10分~熊野権現~15分~ローズタウン横アンテナ~3分~潜り岩~20分~熊野権現~10分~山頂分岐~25分~乞食岩~15分~玉依神社
コース状況
水場:なし
WC:なし

玉依神社とローズタウンを結ぶ舗装路が、令和3年5月20日深夜の大雨で被害を受け通行止めになっています。
アンテナから先には目印がありませんので、読図が重要です。

◆適度な運動でリフレッシュして健康維持
◆快適で安心な山登りを好日山荘が応援します
◆感染対策をしっかりした山登りを心がけましょう
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

京都西山にある湯谷ヶ岳へ行ってみました。

三密を避ける為にバイクでアプローチ。玉依神社とローズタウンを結ぶ舗装路が、令和3年5月20日深夜の大雨で被害を受け通行止めになっているとの事で、倉谷口方面から入域しました。

まずは神秘的な雰囲気の漂う玉依神社へ参拝。拝殿手前にある杉の巨木の生えた緑の空間に癒されました。拝殿裏にある岩場はご神体のようです。神社を出て福泉寺・登山口へ。寺のトイレすぐ左横の草付きから登ります。左方向に道がありますが、これを進むと玉依神社の緑の空間に戻ります。

湯谷ヶ岳はアクセスが悪い為なかなか足が向かない山でしたが、『1992年版・山と高原地図』に「麓の話では潜り岩、つりがね岩、覗き岩、杓子岩の奇岩が山腹に点在していると言う。今は炭を焼かなくなって櫟の樹が育ち、それらの巨岩は探しようもない」の一文に惹かれ、「巨岩」好きの私は伝説となった岩を探索する為に足を運びました。

陽当りが悪いので苔むしている岩が多いですが、全山の至る所に巨岩、大岩がある為、寄り道ばかりしていました。登山道の勾配はキツイですが、岩があると足を止めるので、息切れする事無く山頂へ到着。樹間からわずかに下界が見えますが、山頂からの展望はほぼ無し。三角点はピンクのテープが樹木に二本巻いてある部分でした。

通常の登山道は山頂までで、西に向かう道は破線ルートになり中上級者向きです。山頂の少し手前にある「火の用心」の赤い標識が分岐の目印。そこから南西に進むと、草藪と倒木などが待ち受けています。ピンクの目印を追って進むと、石灯篭のある熊野権現に到着。この周辺にも巨岩がたくさんありました。

さらに西に進むとローズタウン横のアンテナに到着。住宅街を避ける為、ここから北の斜面を下った所で、山腹をトラバースする古道の痕跡を発見。さらに少し先に、岩と岩の間に四角い空間のある奇岩を発見!形状から判断すると「探しようもない」と記されていた「潜り岩」だと思われます。入口は高さ3mぐらい幅50cmぐらいの空間で、中に入ると奥行きは6mぐらいあり、途中から天井は開けていました。一番奥まで入ると垂直に登って岩の上に出られ、修験の岩場と同じく「胎内潜り」ができます。

ここからは標高570mぐらいに位置する古道を東に進みましたが、次から次へと巨岩が現れ、形状から判断して「つりがね岩」と思われる岩もありました。谷の少し手前で稜線に向かって直上すると、ちょうど熊野権現の裏側に到着。最初に来る時に通った道を戻って、山頂の分岐に戻りました。

下山ルートは途中まで同じですが、「火の用心」の標識のある所を真っすぐ下ると「乞食岩」があります。本来なら、ここから下の道路まで下りられますが、今は通行止めになっているので、もう一度登り返して福泉寺・登山口へ下山しました。

フォトギャラリー

湯谷ヶ岳の中腹からの眺め

玉依神社

玉依神社

巨岩

巨岩

巨岩

湯谷ヶ岳の山頂

熊野権現

熊野権現

巨岩

アンテナ

「潜り岩」

中に入る

けっこう狭い

上に登る

「潜り岩」の上からの眺め

巨岩

「つりがね岩」?

破線ルート

「乞食岩」

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部