名倉谷川 中ノ谷沢登り (台高)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
鷲尾
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2021年07月26日 (月)~2021年07月26日 (月)
メンバー
グランフロント大阪店 戸田
近鉄あべのハルカス店 森松
近鉄あべのハルカス店 西村
なんば店       鷲尾
天候
晴れ
コースタイム
駐車スペース ⇒15分⇒ 入渓点 ⇒85分⇒ 大タイ滝 ⇒巻き道 35分⇒ 滝の上 ⇒85分⇒ 45m滝 ⇒25分⇒ 斜滝L10m ⇒180分⇒ 駐車スペース
コース状況
大タイ滝まではコケで滑るので、フェルトソールがおすすめ。
大タイ滝から先は別の場所かと思うほど、ラバーソールが効く。
沢から上がって下山に1時間山道を歩くのでアプローチシューズがあってもよい。
ヒル出没。
泳ぎあり。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

台高・櫛田川流域にある名倉谷川の中ノ谷へ沢登りに行ってきました。

沢を上がった後、1時間の山道を歩いて下山という事で、
今回はラバーシューズで行きました。

コケが多いのでフェルトソールが良いとは分かっていましたが、
遡行前半は、予想以上に滑りました。
赤っぽい岩は要注意です!

小滝の難易度はそんなに高くないのに、あまりにも滑るので
恐怖しかなかったです・・・。
握る岩も滑るので、どこを持てばいいのか軽くパニック状態。笑

先が思いやられると難儀していたら、
大タイ滝を越えると別の場所かと思うほど、ラバーソールが効き出します。
小滝が続きますが難なく通過。楽しいぐらいです!


グングン進み、45m滝まで到着したら15時前です。
そろそろ時間的に沢を上がろうという事で遡行を打ち切りました。

ココから山道に上がるまで、斜面を登っていくのですが、
3時間の地獄が待っていたのでした・・・。

道なき道を登っていきますが、悪い道を進むので恐怖と緊張で時間もかかり、
果たしてこの道が合っているのかも不明で、焦り出します。

登っては下り、下っては登り、と懸垂下降を何回もしました。
懸垂下降は大好きですが、さすがにからだはドロドロのボロボロで
力も入らなくなってきます。(懸垂に力はいらないですが)


地図(ヤマップ)を見ながら、何とか車まで戻ってこれた時はホッとしました。
休憩を含みますが、8時間の行程でした。

昔は日暮れ前ギリギリの沢登りはよくありましたが、
今回久々で、何か「達成感」のような気持ちが湧きました。
不思議・・・。


最後におまけで、
西村氏の足首に2匹の太いヒルがくっついていて、
血だらけになっているのが衝撃でした。

お疲れ様でした。

フォトギャラリー

猛暑で、駐車スペースから汗だくになりながら入渓。

水温はそんなに冷たくなく、気持ちいい~♫

そんなに浅いのにジャンプしてどうするん!!

水がキレイで近くに魚もいます!

岩間小滝を突破するのは楽しい!

コケが滑りまくり!ラバーソールはズルズルです。赤っぽい岩は要注意!!

難易度は低いですが、とにかくラバーソールが滑ります!ある意味、ココが私の核心部。こわいっ!

洞窟側と滝直登側と分かれます。もちろんラバーソールの私は滑らない滝直登を選びます。

天気が良くて快適です。

メイン①「大タイ滝」

大タイ滝は登れないので左側から巻きます。

七ツ釜のゴルジュは泳ぎで通過。ロープ張ってもらいました。

斧で断ち割ったような滝は直登しました。

大タイ滝を過ぎたら、ラバーソールが効きだします。サクサク登れます。

ラバーソールは楽勝です。

メイン②「45m滝(中ノ谷大滝)」。美瀑です!

斜滝15mはフリクションを効かせて直登。

今度はフェルトソールが苦戦。

斜滝L10mは登れず、時間も15時前なので遡行は打ち切り。

山道をたどりますが、ここから懸垂下降のオンパレードで地獄が始まります・・・。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

なんば店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部