冠雪した富士山を見に雪頭ヶ岳・鬼ヶ岳・王岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
日下部 友哉
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2021年10月21日 (木)~2021年10月21日 (木)
メンバー
他1人
天候
晴れ曇り
コースタイム
西湖根場駐車場(115)雪頭ヶ岳(15)鬼ヶ岳(45)鍵掛峠(60)王岳(35)登山口(35)西湖根場駐車場
・行動時間:5時間5分+休憩
・累積標高:+1081m、-1083m
・歩行距離:9.2km
コース状況
・雪頭ヶ岳からの下り少し滑りやすい(トラロープあり)。
・鬼ヶ岳~鍵掛峠間岩場あり。

■気温
7:30 駐車場5℃
10:50 鍵掛10℃

■アクセス
マイカー:西湖根場駐車場利用
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

冠雪した富士山を見に西湖近くの雪頭ヶ岳へ。朝の気温は5℃。寒気が降りてきてて冬のような気温です。ベースレイヤーはメリノ150LSにアクティブインサレーションを着重ねて、グローブ着けてスタート。

住宅裏を抜けて登山口へ。綺麗な杉林の森を歩きます。歩きやすい道で標高を上げて、次第にブナの森になります。体温上がってきたのでウェア調整します。そして岩場もいくつか出てきます。木々の間から富士山が見えるようになってきました。紅葉してる木が少しだけありました。岩場が増えてくると頂上が近いです。

雪頭ヶ岳頂上に到着。富士山の写真を撮ろうとしてると何かが近づいてくる…結局姿は見えず何だったのか…富士山冠雪してますね♫西湖と合わせてよく見えます。次は鬼ヶ岳へと思ってたらまた雪頭ヶ岳の山頂標識が。そしてちょっと滑りやすいトラロープの有りの場所を下り、登り返して鬼ヶ岳に到着。ちょっと雲が増えてきてしまい風が吹いてきて寒いのでベースレイヤーの上にウィンドシェルを。南アルプスは白峰三山、塩見岳、悪沢岳、赤石岳は真っ白に。北アルプスも真っ白です。八ヶ岳はほんの少し稜線が白くなってました。

次は鍵掛峠へ。この辺りは細かいアップダウンとたまに岩場の迂回ルートが点在。岩場になると景色も見えるので良いですが、少し風があってなんだかんだ寒かったです。一か所だけ鮮やかに紅葉した木がありました。


忘れ物?飯盒が落ちていました(笑)

急に笹藪が出てきて、そしたら王岳に到着。王岳で昼休憩。お湯沸かしてカップ麺を作ってるうちに富士山にかかっていた雲が取れてきてしっかり富士山が見えるようになってきました!写真撮っていたら麺が伸びてしまいました。。。(泣)最近は「お椀でカップヌードル」で食料の省スペース化。ちょっと量は少ないですが。

王岳からは初めは笹のつづら折りの登山道がちょっと滑りやすい。そしてまた動物の動く音が!またしても姿は確認できず…その後は歩きやすいつづら折りの道が続きあっという間に林道にでました。林道を歩いて根場いやしの里の駐車場脇に出ます。

リスを見かけ、登山口すぐの堤防で犬なのか小熊なのか黒い動物を見かけ、雪頭ヶ岳山頂と王岳からの下りで熊なのか姿は確認出来なかったですが大型犬のような息遣いが近くに…野生動物にいくつも出会う山行でした…いい加減熊鈴持たないとかな(笑)


ススキと富士山

下山して根場いやしの里に着いたら、なんだか見覚えのある景色が…
過去登山レポート「毛無山〜十二ヶ岳」に行ったことは覚えていたんですが、鬼ヶ岳を越えて鍵掛峠から下山していたことを完全に忘れていました(笑)


まだ少しだけ花が残っていました。

ミッドレイヤーやグローブなど大切な季節になってきました。レイヤリングを意識するのをお忘れなく!

フォトギャラリー

雪頭ヶ岳から富士山

住宅裏を抜け登山口へ

針葉樹の森の中

次第にブナの森へ

ちょっとだけ紅葉しているところが!

富士山が木々の間からよく見えるようになってきました♪

岩場有り

雪頭ヶ岳到着!1枚目の写真に戻る

ちょっと滑りやすそうなトラロープ有の下りとちょっと登り返してすぐ鬼ヶ岳

鬼ヶ岳から真っ白な北アルプス

白峰三山も白くなってます

ここは右側へ迂回

色鮮やかな紅葉と青空

ここは左へ。ロープあります。

王岳が近くなってきたか

急に笹薮

王岳に到着!少ししたら雲が取れてきて雪をまとった富士山がよく見えるようになりました♪

最近は「お椀で食べるカップヌードル」で食料の省スペース化。

王岳からは笹の間を下ります

最後の林道で赤くなったモミジが♪

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部