日本三彦山 雪彦山(せっぴこさん)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年06月09日 (日)~2013年06月09日 (日)
メンバー
天候
曇り
コースタイム
登山口→(90分)→セリ岩→(35分)→大天井岳→(45分)→雪彦山三角点(915m)→(25分)→鉾立山→(15分)→ジャンクションピーク→(50分)→虹ヶ滝→(55分)→登山口
コース状況
雪彦山は夏は山ヒルが大量に出没するお山です。
これから気温が上がるので注意が必要。
今回はまだ一匹も見かけませんでした。

■登山口~セリ岩~大天井岳
岩場の急登が続きます。
雨が降ったら滑りやすく危険。
下りに使いたくないルートです。

■大天井岳~雪彦山三角点~鉾立山~ジャンクションピーク
緩やかなアップダウン。
大きな危険箇所はありません。

■ジャンクションピーク~虹ヶ滝
沢沿いの快適な登山道。
虹ヶ滝付近は濡れた岩場があり、注意。

■虹ヶ滝~登山道
大きな危険箇所はありません。
難易度
Google Map

より大きな地図で 雪彦山 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

今年の目標:日本三彦山に全部登るぞ!

先月は新潟の弥彦山に登ってきました。
今月は地元の雪彦山。
せっぴこさん、と呼びます。

標高は900mほどですが、岩峰で構成された山は迫力十分!
ロッククライミングのメッカとしても知られています。

ステキなお山なのですが、大きな欠点があって、それは「夏は山ヒルが大量に出没する」ということ。
これがあるので、夏に登るのはためらわれ、6月上旬のギリギリのところを狙って登ってきました。

兵庫県姫路市の北部。
かなり山深いところです。

登山口から時計回り歩くルートで行きました。
いきなり急登が始まります。
ぐんぐん標高を上げていきます。
朝は涼しかったですが、すぐに汗が滲んできます。

40分ほど登ると、景色の良いところに出ます。
ここからこれから向かう雪彦山の岩峰が眺められます。

さらに少しゆくと出雲岩。
ここからさらに登りが急に。
登り切ると、セリ岩に到着。
雪彦山といえば、やはりセリ岩でしょう。
大きな岩があり、ここの細い隙間を抜けていきます。
ザックを担いだままだと通り抜け困難ですね。
※横にエスケープルートもあります。

ここから上も鎖場が連続し、アスレチックのように全身を動かしながら登っていくと、大天井岳に到着します。
景色が良いです。

ちょっと休憩して雪彦山の三角点へ進みます。
大きな登りはなく、緩やかに登りながら三角点(915m)に到着。
お昼ご飯を食べて、さらに先の鉾立山(950m)へ。

ここからジャンクションピークを経て、一気に下ります。
新緑の沢沿い歩きがとても快適。
夏は沢が涼しくていいね。

きれいな滝もたくさんあります。
ただ、水気が多いので、気温が上がると山ヒルに襲撃されそうな雰囲気です。

岩に登っているクライマーも沢山いました。

雪彦山、お手軽な山ではあるのですが、ハイキング気分で行くと疲れます。
初心者だけの登山は避けたほうが良さそうです。
この日は曇りで涼しかったこともあり、山ヒルには出会いませんでした。
これからの時期は注意が必要です。

次はいよいよ三彦山の最後のお山、英彦山(ひこさん)です。
九州まで遠いなぁ。いつ登りに行こうか。
自分の名前の山に登るのはドキドキしますね。

フォトギャラリー

雪彦山の迫力十分の岩峰です

登り始めから激しい急登

出雲岩

鎖が出現!

がんばって登ります

これが噂のセリ岩

見晴らしがいいです

挟まれる~。ザックを担いだまま通り抜けるのは難しいです

岩の上りが続きます

最後の登り

大天井岳とうちゃく。ここは「おてんしょうだけ」ではなく「おおてんじょうだけ」です

雪彦山三角点。標高915m。ここが頂上とされています。でも三角点を見るのを忘れました…

ギンリョウソウの赤ちゃん発見!

花の咲く道

鉾立山950m。今回の最標高地点です。

新緑がきれい

この棚みたいな川床がステキ

虹ヶ滝。すずしい~

カッコイイ

クライミングしている人たちがたくさんいます

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部