「高度感抜群のフリーマルチクライミング・瑞牆山・大面岩」

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年06月02日 (火)~2015年06月02日 (火)
メンバー
天候
コースタイム
駐車場(40分)『ニューモンタージュ』取付(280分)『ニューモンタージュ』トップ(80分)取付(30分)駐車場
コース状況
■駐車スペースから、ルート取付きまでは歩きやすく、テープもあります。最新のトポでコースを確認すれば迷うことはありません。
■登攀ルートのコンディションは、天候にもよります。1、及び2ピッチ目は比較的濡れていることが多いです。登り始めなので、スリップに注意しましょう。
■コース中、クラックに生えた立木を利用するときは、十分に確認を取って下さい。かなり動くものもあります。
■各ピッチの終了点は、ボルトがありますが(一部立木)、ボルトの緩みはチェックしましょう。
■下降時、残置スリングは不安に思ったら、各自準備しましょう。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

梅雨前の晴れ間をついて、フリーのマルチピッチに出かけました。
瑞牆・大面岩の『ニュー・モンタージュ』6ピッチ5.11dです。
今回は、パートナーのロングマルチトレーニングの付き合いもあり、軽量化とスピードを重点において、終了点に抜けることを念頭に出かけました。
ロープはシングル60mで、カム類も少なく調整。別パーティがいないであろう予想のもと、不要なものはルートの途中に残置して、懸垂時に回収する作戦でした。

一応、私は過去に2回上部に抜けているので、ラインは凡そ分かります。
今回は、パートナーがトップ、私はフォローで上がります。

駐車スペースでギアをセレクトしたら、最低限の個人装備を持って、いつもの植樹祭の道を歩きます。
近年、ボルダーをする方が増えたので、踏み後も含め大変わかりやすく、歩きやすいです。
10分程度で最初の分岐に到着。ここから急な登りを20分で、カンマンボロンとの分岐です。
さらに10分程度で、大面岩基部に到着。早速支度をして、スタートします。

少し濡れた、1ピッチ目と2ピッチ目は、続けて登り、ロープを一杯まで伸ばします。
2ピッチ目終了点手前の安定した立木でピッチを切り、そこから3ピッチ目を登ります。
次第に高度が上がり、南アルプスも見えてきます。

クラック、フェイス、そしてクラックを攻略し、3ピッチ目の終了点に到着します。
ここからが核心のピッチ、そして巨大な花崗岩の登りをフリーで越えていきます。
隣を見れば、カンマンボロンの頂上を越え、緑の立木が玩具のような高度感です。
こんな場所で、不安定なボルトや1cm程度のロープ一本にぶら下がり、楽しんでいられる自分たちはなんなんだろう(笑)

結論から言うと、個人としてもチームとしてもノーテンションで越えることができず、でした。
お互い、ボルダリング力を付けないといけない、と再認識。トホホです。
しかし、終了点まで短時間で抜ける、という目標は達成。

逸る気持ちを抑え、最後に事故を起こさないように細心の注意を払い、懸垂下降を開始します。
支点のボルトは緩んでいるものもあります。また、残置スリングも古いものが大半です。必ず確認してから命を預けましょう。
今回は、時間短縮の為、60mロープ一本で全て切りぬけます。
余裕があれば、ダブルロープで行かれることをお勧めします。

植樹祭後地に戻って、平坦な道を歩くと、さっきまで地上100m以上の壁の中にいてぶら下がっていたのが夢のようです。

フォトギャラリー

ギアはシンプルにセレクト。

準備ができたら、ここから入山します。

歩きやすいアプローチ。

分岐からは急な登りになります。

この看板まで来ればもうすぐ。

取付きで最終準備。忘れ物しない様に!

いつも濡れたチムニ―からスタート。

3ピッチ目手前。

振り返れば南アルプスが見え始めます。

4ピッチ目。核心のピッチに向かって行きます。

ダイクをトラバースして、一端ピッチを切ります。

この辺りの高度感は最高です!

足下スッパリ(笑)

相方もこの高度感にご満悦!

最終ピッチに向かって進みましょう。もう少し!

トップにて。とりあえず着きました。

この位置から見る富士山は、来た人だけの御褒美。

懸垂下降でどんどん下りましょう!

お疲れさまでした!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部