関西 花の山(52) 鈴鹿・雲母峰と鎌ヶ岳~アカヤシオ・イワウチワ①

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
イオンモール各務原店 店舗詳細をみる
日程
2017年04月25日 (火)~2017年04月25日 (火)
メンバー
名古屋栄店 本田康之
他1名
天候
曇り→晴れ
コースタイム
湯の山温泉駅(23分)東海自然歩道合流点(21分)岳不動(60分)林道終点(16分)雲母峰Ⅱ峰(15分)雲母峰Ⅰ峰(5分)雲母峰西峰(60分)馬の背尾根分岐(35分)宮妻峡分岐(18分)岳峠(12分)鎌ヶ岳(49分)武平峠(46分)御在所岳(12分)一の谷新道入口(29分)鷹見岩(55分)一の谷山荘(20分)湯の山温泉バス停
コース状況
アプローチ
・湯の山温泉駅からは四日市駅寄りの最初の踏切を渡り、宮妻峡方面へ県道752号を進み、川手前で左折し、岳不動へ進みます
・マイカーも同じように進みます(岳不動まで舗装道路)

①東海自然歩道合流点まで来るとしっかりした標識があります
②岳不動登山口からしばらく樹林帯の急登→トラバースで小沢を通過→堰堤通過→林道交差という風に進みますが、林道は3回交差します
③林道終点にミヤマカタバミ、ⅠⅡ峰鞍部にバイケイソウの群生があります
④雲母峰Ⅰ峰と西峰は展望がありません
⑤雲母峰Ⅰ峰~馬の背尾根分岐まではややヤセ尾根が続きますが危険箇所はありません
⑥雲母峰西峰と続くP961は巻道があります
⑦稲森谷分岐あたりからちらほらアカヤシオ・ミツバツツジが見られます
⑧白ハゲの岩峰は残置ロープがあり滑りやすい道でスリップ注意
⑨白ハゲ~岳峠もややヤセ尾根です
⑩鎌尾根に出ると正面に鎌ヶ岳の勇姿が見れます(手前にトラバース道で鎌尾根まで出ない道もあります)
→関西 花の山(53) 鈴鹿・鎌ヶ岳と御在所岳~アカヤシオ・ハルリンドウ②に続く
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雲母峰(きららみね・888m)は鈴鹿の主稜線から東に張り出し、鎌ヶ岳の前衛峰のような位置にあります。鎌ヶ岳に比べて円い穏やかな山容で、その名の由来は、水沢の方に面した谷から黒雲母を産したことによるようです。この山はⅠ峰とⅡ峰の双子峰で、Ⅱ峰の頂上はパラグライダーの出発点になっていて、東に開け、伊勢湾を越え三河方面まで見える大展望です。この山は名前が神秘的で登りたくなる山ですが、上部は急坂になっていて、コースによってはしんどい山になります。雲母峰~鎌ヶ岳まで縦走する方も多いと思いますが、この間は今の時期はアカヤシオやミツバツツジの群生があり、隣の御在所岳や入道ヶ岳をツツジ越しに見る山の姿が拝めます。アカヤシオに関しては付きが悪いのか、まだ早いのか既に枯れているのもあり、もひとつのような感じです。
→関西 花の山(52) 鈴鹿・鎌ヶ岳と御在所岳~アカヤシオ・ハルリンドウ②に続く

フォトギャラリー

アカヤシオの季節です!

岳不動登山口

最初は急な杉林

堰堤の手前

鞍部に到着

雲母峰Ⅱ峰からの眺め

Ⅱ峰からⅠ峰を見ます

雲母峰本峰(Ⅰ峰)

雲母峰を振り返ります

イワウチワ発見

ややヤセ尾根が続きます

ミツバツツジも満開

負けじとアカヤシオ

入道ヶ岳が見えます

白ハゲのロープ場

白ハゲから町並みを見ます

ショウジョウバカマもまだまだ見頃

鎌ヶ岳を見ます

雲母峰・・・よく歩いてきました

鎌尾根を見ます

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

イオンモール各務原店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部