大阪府 槇尾山 クライミングは身近なところから

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
戸田 竜也
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2014年03月03日 (月)~
メンバー
GRAVITY RESEARCH NAMBA 戸田
その他1名
天候
晴れ
コースタイム
登山者用駐車場→(15分)岩場
コース状況
比較的急峻なアプローチですのでしっかりとした靴で行くことをお勧めします。
取り付きも平坦は所は少なく、ビレイヤーはセルフビレイを取るべきです。
難易度
Google Map

より大きな地図で 槇尾山 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

大阪でクライミングができる山があるというのをしばらく知りませんでした。
槇尾山は普通の登山でも登られている山。
こんな近場にあったとは・・・。
登山者用の駐車場から奥に進み、踏み跡を辿っていきます。一本道ではありますが、しょせんは踏み跡、日が落ちてからのヘッデン行動は避けましょう。迷う可能性があります。

ルート数は多くありません。そして岩が脆いです。ヘルメットは必須!バンバン岩が落ちます。

『激デコ 5.10a』 OS
でこぼこした立体的な面の登る。脆い。

『大スラブルート 5.10b/c』 OS
最初はスラブだけどハングを一つ越えなければならない。ルート間違った?
50mロープいっぱい。

『マニアックスラブ 5.11a』 2擊
ホールドがわかりにくく、中間部のムーブも複雑。OSできませんでした。

簡単なマルチピッチの練習もできて、ゲレンデとして地元の人に愛されている岩場なのだと思います。ただ、下仏岩の終了点はほとんどそうでしたが、使用されているボルトと構造がクライミング用の仕様とは言い難く、非常に危ういものでした。それが唯一残念でした。

フォトギャラリー

下仏岩。

登山者用駐車場には10台以上は停められます。

駐車場から奥の道へ。

アプローチ。明るいと迷うことはないでしょう。

ここを暗い時に通るとなると・・・。

まずは『激デコ』でアップ。

これは安心の終了点。

続いて『大スラブルート』。スラブって割に上にハングあります。

上までう抜けるといい展望。

『マニアックスラブ』中間部にある核心はホールド探しから。

『マニアックスラブ』のビレイステーション。セルフが必要です。

ちゃんとスタッドアンカーが使われている所もありますが・・・。

終了点がコレ。アイボルト。そして謎のラッペルリング。これでどう使えと?

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部