白馬三山・唐松・五竜テント泊~リベンジ成功!前篇~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
笠松 文太郎
福井北四ツ居店 店舗詳細をみる
日程
2014年09月08日 (月)~2014年09月10日 (水)
メンバー
千葉パルコ店 向山・藤原・笠松
天候
晴れ時々曇り
コースタイム
【9月8日】猿倉荘(60分)白馬尻小屋(140分)岩室跡(120分)白馬岳頂上宿舎(30分)白馬岳山頂(25分)白馬岳頂上宿舎(180分)白馬鑓ヶ岳(60分)天狗山荘
【9月9日】天狗山荘(120分)不帰キレット始まり
コース状況
【大雪渓】
8月25日に登った時より少し溶けていたような。
しっかりアイゼンンは効きます。

【白馬鑓ヶ岳】
小さい石がザレて、足元とられる感じ。

あとは特に注意箇所なし。歩きやすいです。
難易度
Google Map

より大きな地図で 白馬三山・唐松・五竜テント泊 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

今回はリベンジ登山!( ´∀`)

8月末に白馬テント泊をしましたが、大雨・強風だったため、唐松コースから栂池コースに変更という惨敗をしていました。

そして9月に入って早々に、店長と藤原さんが自分の予定していたコースを登ると聞いたとき、「うわー。悔しーっすー。」って感じでした。

休みを調整してもらうことができ、半月もしないうちに再び白馬へ!

【9月8日】
猿倉から白馬岳は少し前に登っているので、気が楽でした。
雪渓は前回より少し量が減ったようですが、雪質は前回同様ザクザク、軽アイゼンで歩いた感じは歩きづらさはあまり変わらず。
傾斜があり重い荷物の方は前重心を意識して、落石には注意です。

テントはやはり重いけど、淡々と、じっくり登ります。
なんて雪渓終わりから、白馬岳頂上宿舎の岩場で2回こけて膝打ってますけど。(´∩`。)

白馬岳着いたあたりもまずまずの晴れで、剣岳や槍ヶ岳を見つけては写真をパシャパシャ。
面白い写真を撮ろうとポーズをあれこれ。
はしゃぎまくる男子3人(*゚o゚*)

杓子・鑓ヶ岳のまでの稜線を見据えながら1日目のテン場、天狗山荘まで歩きます。
杓子岳はちょっとまいたので、ピークは踏んでないですが、鑓ヶ岳はピークへ。
鑓ヶ岳山頂まではガレ岩で、足元が疲れます。嫌いです。
鑓ヶ岳に着いた頃は17時くらいでさすがにちょい寒。
半袖に薄手のジャケットを羽織ります。

18時くらいに天狗山荘に到着。
夕日に染まる周りの山容を眺めながら、「ホットブランデー梅酒」を飲みます。
幸せ―。

その後自炊室を使っていいですよということで、そちらで夕食を。
先に一杯やっちゃったもんだから、もう大宴会。
キムチ鍋にウインナー入れてベーコン入れて、スープ飲んでご飯食べて・お菓子食べて…
ゲフッ。

【9月9日】
胃もたれを感じつつ、さわやかな朝に起こされました。
格別景色でした。「今回晴れてよかった―。」とつくづく実感。

朝ごはんを食べているとき、天狗山荘にヘリコプターが!
近くで見るとかっこいい!やかましいけど、かっこいい。
物資を運んできたようでもなく、なんでかと思っていましたが、下山後タクシーの運転手の方に聞いたところによると、五竜で滑落者がいたようでその捜索救助の可能性とのこと。
ご無事に救出されたことを願います。
自分も気を着けねば。

のんびりと8時半くらいに天狗山荘を出発。
すぐに天狗の頭。
立山連峰など北アルプスの展望よいです。

そこから、一気に下ります。ぎゅん!って感じで。
山と高原地図には「天狗の大下り」と書いております。
下りが苦手な私には「あぁーあ」という下り。

そして、天狗を過ぎると今回の山行の核心部!
キレキレの不帰キレット!(|||ノ`□´)ノ

後篇に続きます。

フォトギャラリー

リベンジ成功!

猿倉出発

大雪渓

頂上宿舎が見えた

振り返れば雲海

旭岳

白馬岳山荘が見えます。

杓子岳までの稜線スタート

のんびり

うしろは杓子岳

白馬鑓ヶ岳ピーク

キムチ鍋宴会

ベーコン宴会

インナーメッシュ、さみー。

朝陽

ハイ!ヘリコプター!

昨日の残りベーコンンで豚キムチ

剣岳をバクッ!

不帰キレットを視野に捉え

イェス!滑落注意!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

福井北四ツ居店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部