紅葉の北岳 1泊2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
丸茂 甲太
ららぽーとTOKYO-BAY店 店舗詳細をみる
日程
2014年10月08日 (水)~2014年10月09日 (木)
メンバー
町田店 丸茂
天候
1日目:晴れ 2日目:くもり時々晴れ
コースタイム
1日目:広河原(120分)白根御池小屋
2日目:白根御池小屋(120分)小太郎尾根分岐(25分)北岳肩の小屋(30分)北岳山頂(50分)八本歯のコル(70分)大樺沢二俣(70分)広河原
コース状況
○白根御池小屋までは樹林帯の急な上り坂が続きます。最後の方は道が平坦になり、しばらく歩くと小屋に着きます。
○草すべりコースは高度を一気に稼ぐ分、はじめから急斜面です。そんなにすべりやすくはありません。稜線が近付いてくれば小太郎尾根分岐はもうすぐです。
○歩きづらかった箇所は八本歯のコルから先です。浮き石の多いザレ場の下りだったので足元注意です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 北岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

北岳へはじめて登ってきました。甲府から
バスに揺られることおよそ2時間、登山口の広河原に到着。
1日目の目的地の白根御池小屋までは急な上り坂
でした。所々木の間から鳳凰三山が見えました。
小屋に早く着いたので
天気もいいし外のテーブルで昼食をとりました。日向は
暑いくらいでした。15時過ぎ、今度はコーヒーでも飲もうと外に出ると日陰
になっていて状況は一変。寒いです。
フリース、ソフトシェルジャケットを着込んで座ってました。夜は皆既月食を見ようと暖かくして外へ。月は明るすぎるくらいよく見えました。やや欠けたようにも見えましたが
寒いので中へ入り早めに寝ました。

2日目の早朝、外へ出ると星空が!寒いですが冬の凍てつくような寒さ
ほどではありませんでした。葉っぱを見ると霜が降りてましたが。
出発時は上はウールの長袖ベースレイヤー+フリース+ソフトシェルジャケット、
下は保温タイツ+秋冬用パンツで、ニット帽もかぶりました。
草すべりコースは急登のため、途中で暑くなったらフリースを脱いで
調整しました。
稜線はガスっていて風がとても強く寒かったです。肩の小屋前で雨具として持っていった
アクティブシェルジャケットをさらに羽織りフードをかぶりました。あと凍てつくような風で
顔面が痛いためウールのネックゲーターをして守りました。結局稜線上はずっと風が強かったです。

八本歯のコルを下りていくと、下の方は晴れていました。下りていく
正面に鳳凰三山が見えて、眺めの良いなか下山します。
紅葉は2日目歩いた大樺沢沿いが見頃でした。
特に二俣周辺はきれいでした。
広河原周辺はまだ紅葉はこれからのようです。

今回泊まった白根御池小屋はとてもきれいで清潔な山小屋でした。
おいしい水場もあり、外のテーブルでゆっくり休憩できて気に入りました。また
ぜひ来てみたい山小屋です。

次は、この2日間ずっと眺めることができた鳳凰三山へ
登りたいと思いました。

フォトギャラリー

紅葉がきれいでした!

広河原に到着

天気は良さそうです

吊り橋を渡ります

途中に見晴らしが良いところも。

鳳凰三山の観音岳

白根御池小屋

昼食は外のテーブルで。景色良好。

朝日で赤く染まる

朝日を浴びる北岳山頂

向こう側の雲海がすごい。

北岳肩の小屋

北岳山頂。ここからの展望は次に登るときの楽しみにしておきます。

八本歯のコルを過ぎると木製のハシゴが多数出てきます。

紅葉と鳳凰三山のコラボ

稜線に晴れ間が!

展望の良いコース。

木々の間を広河原目指して下っていきます。

紅葉した山肌と空

また登りに来ます!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

ららぽーとTOKYO-BAY店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部