北アルプス 奥穂高岳-西穂高岳縦走 1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
高畠 真人
立川店 店舗詳細をみる
日程
2020年10月14日 (水)~2020年10月15日 (木)
メンバー
天候
曇り/晴れ
コースタイム
1日目:上高地-(100分)-横尾-(100分)-涸沢-(90分)-北穂高岳-(90分)-穂高岳山荘 テント泊
2日目:穂高岳山荘-(30分)-奥穂高岳-(60分)-ジャンダルム-(100分)-間ノ岳-(50分)-西穂高岳-(60分)-西穂高岳山荘-(70分)-上高地
コース状況
北穂高岳-涸沢岳:滑落注意
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

・奥穂-西穂
・1泊2日テント
・涸沢の紅葉
ということでこのルートになりました。
岩場が多いので荷物の軽量化をしましたが、これが成功だったのか失敗だったのか…

行動中は基本以下。
上:メリノウール150長袖+フーディニジャケット(パタゴニア)
下:ドライレイヤーベーシックボクサー(ファイントラック)+アルパインライトパンツ(ザ・ノースフェイス)

1日目
バスタ新宿から夜行バスに乗り、6時前に上高地に着きました。雲がかかってましたがそれほど寒さは感じず、バスの中で着ていた化繊ジャケットを脱ぎました。

上高地から横尾までは平坦な道。横尾大橋を渡ると登山道っぽくなってきます。屏風岩や横尾尾根周辺の紅葉がすごい綺麗でした。

涸沢に着いたのが朝9時30分。晴れ間がなくなりどんよりとした天気に。風も吹いてきました。
涸沢の紅葉は綺麗でしたが、稜線上に雲がかかって太陽が隠れていたせいか、想像していたよりは…うーん。雑誌の写真だとものすごい色がクッキリしていたので、期待値が上がりすぎてたのかもしれません。
テントは30張り程度でした。

北穂への登りからヘルメットを着用。涸沢を過ぎると一気に人が少なくなります。
北穂山頂ではガスがかかって槍ヶ岳方面は真っ白。槍を楽しみに登っていたのに残念。
風が強くなったので化繊ジャケットを羽織りました。北穂から穂高岳山荘までは気の抜けない岩場が続きます。

穂高岳山荘に着いたのが13時30分くらい。すでにテントが2張り。最終的にこの日はテントが6張り程度でした。
夕方くらいから気温が下がり、テント場に到着してからダウン上下を着ていましたが、それでもちょい寒いくらい。
さらにテントはハーフメッシュ。寝袋は3シーズン用。マットは夏用のショートサイズ。
全身が寒く(特に足元!)あまり寝れませんでした。正確な気温は分かりませんが、0℃〜-5℃くらいでしょうか。
軽量化のツケがここにまわってきました。
早めに行動できたのはいいけど、睡眠不足で翌日の体調が悪くなったら元も子もありません。

1時間に1回起きて寝返りをしてまた眠る。何回繰り返したでしょうか。夜が長い…

2日目に続く。

フォトギャラリー

穂高岳のテント場から奥穂高岳

朝6時の河童橋

横尾大橋

横尾周辺は紅葉が綺麗でした

屏風岩の紅葉

横尾尾根の紅葉

涸沢に着くとどんより。紅葉のピークは過ぎた?!

涸沢小屋周辺から涸沢ヒュッテ方面

岩場、鎖場

緑が綺麗です

長い梯子

奥のピークが奥穂高岳

涸沢を見下ろします

北穂分岐。ここからガスの中

北穂高岳山頂はガスの中。常念方面がかすかに見えるくらい

涸沢だけまでは危険な岩場

岩場2

最低のコル

奥のピークが涸沢岳

穂高岳山荘が見えました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

立川店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部