一ノ沢から大天井岳・常念岳テント泊 2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
日下部 友哉
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2021年08月30日 (月)~2021年08月31日 (火)
メンバー
単独
天候
8/30晴れ曇り、8/31晴れ曇り
コースタイム
■2日目 行動時間:5時間15分+休憩
大天井岳(40)東大天井岳(75)常念小屋(45)常念岳(35)常念小屋(120)ヒエ平
・累積標高: +575m、-2195m
・歩行距離:13.3km
コース状況
・気温
3:15 大天荘8℃
8:00 常念小屋15℃
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

1日目の登山レポートは⇒【一ノ沢から大天井岳・常念岳テント泊 1日目】

■2日目
夜中の上空の空は雲に覆われたままでした。朝も風は強いままですが、東の空が明るくなってきました。簡単に朝食を済ませテント撤収。久々のご来光と雲海を拝めました。残念ながら槍穂はモルゲンロートにならず…でもだんだんと槍の雲が取れてきてなんとか穂先が見えました♫下山しなくてはいけないので常念岳方面に向かいます。

気温は10℃いかないくらいでしたが風が強くて体感温度低くて寒いので、上はメリノ150g/m2ロングスリーブにアクティブインサレーション、さらにレインジャケットを。下は薄手のロングパンツにレインパンツを。手はメリノインナーグローブにレイングローブを。これで行動開始です。

快適な稜線トレイル♫穂高の雲も取れてきて槍穂がしっかり見えるようになりました♫ようやく見たかった景色に出会えました。下り基調なので軽く走ってみたり。途中、体温・気温が上がってきたのでレインウェアを脱いで温度調節。あっという間に常念小屋が見えるところまで来ました。下りは楽々~常念小屋に到着。荷物をデポして常念岳へピストン。

岩がゴロゴロした登り、見えている先にさらに登りがあるので「まだ先か!」となりますがテンポよく足を進めます。三股からの登山道と合流してもうすぐ山頂。メリノロングスリーブにウィンドシェルで登ってましたがなかなか冷たい風が吹いてくるのでさらにレインジャケットを羽織りました。そして久々に常念岳に登頂♪景色がよく見えます。槍穂はもちろんですが裏銀座方面、後立山方面も見えてました♪冷たい風と段々と雲が増えてきてしまい、天気が崩れそうなので常念小屋へ戻ります。常念小屋に戻ったら雨がパラパラときてしまいました。あとは一ノ沢ルートで登山口に戻るだけなのでレインウェアは着ずに下山。

最後が長く感じましたが無事下山。駐車場着いたらボツボツ雨が降ってきました。登山中に降られず助かりました。

フォトギャラリー

大天井・常念岳2日目

ご来光と雲海!

燕岳方面

槍穂高は残念ながらモルゲンロートにならず

快適稜線トレイルで常念岳へ

草紅葉が始まっています

最高の稜線歩き

ナナカマドの実が赤くなってきてます

雲海と八ヶ岳と富士山

彩雲

常念小屋、常念岳が近くなってきました

荷物をデポして常念岳へ

常念岳登頂!

蝶ヶ岳への稜線

喜作新道と槍ヶ岳、そして裏銀座

常念小屋へ戻ります

山頂に咲くイワギキョウ

オヤマリンドウ

ヤマハハコ

登山口到着 その後雨が

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部