日本百名山 斜里岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
石渡 健一
GRAVITY RESEARCH SAPPORO 店舗詳細をみる
日程
2021年09月09日 (木)~2021年09月09日 (木)
メンバー
GR札幌 石渡
好日山荘札幌 斉藤
他友人
天候
曇り、雨
コースタイム
静岳荘登山口
登り旧道→3時間
下り新道→2時間半
コース状況
旧道と新道の分岐までの道も渡渉あり
旧道は滝を超えていく沢沿いコース。渡渉あり。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

日本百名山 斜里岳
静岳荘登山口から登りました。

天気が微妙で、斜里岳の南側は分厚い雨雲
午後から雨が降るかもしれないということで朝早く出発。

結果的に稜線で小雨にあいましたが、それほどひどくはなく無事に帰って来れました。

登山開始直後から川の渡渉が連続し、旧道に入ってからは滝のすぐ横を登る岩場になります。ガレを詰めたら稜線。強い風と小雨で寒いのでレインウェアは必須でした。

山頂からは晴間もあり、清里の街と畑、オホーツクの海が良く見えました。

帰りは熊見峠経由で下山。
峠以降はかなりの急斜面でスリップ注意です。

来た道に合流してからは数回渡渉をこなして、登山口まではあっという間でした。

渡渉があるので防水力のある登山靴がオススメです。
沢靴が必要なほどの場面はありませんでした。
沢の水に茶色い鉄分?が含まれているためか、それほど岩はヌメりませんでした。

旧道は登りがオススメ
下りで使うと岩場の通過が難しくなりそうです。

熊見峠経由の下山は、急坂に注意すれば下りやすいです。

さすが百名山。
微妙な天候でしたが他にも登山グループが数名。
人がたくさん入っているからか、ヒグマのウンコはありませんでした。

フォトギャラリー

さすが百名山。作りが丁寧。

沢沿いが続く

山荘跡

旧道に行きます

沢沿いを登る

滝が連続します

はげしい!!

ここは巻きます

分岐到着

きれいな花には、、

メリークリスマス

紅葉いい感じです

配色センス

山頂!!!

一瞬の晴れ間

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

GRAVITY RESEARCH SAPPORO - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部