果無(はてなし)山脈縦走 和歌山龍神~奈良十津川 

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大杉 太一
ならファミリー近鉄百貨店奈良店 店舗詳細をみる
日程
2012年11月19日 (月)~2012年11月20日 (火)
メンバー
紀三井寺店 大杉 
アルバイト 平山
天候
曇り晴れ
コースタイム
11/19 丹生ヤマセミ温泉(25分)小森登山口(75分)和田の森(70分)安堵山(45分)黒尾山(30分)冷水山(60分)カヤノダン(40分)公門崩ノ頭(40分)筑前タワ(20分)ミョウガタワ(20分)ブナの平
11/20 ブナの平(30分)石地力山(25分)果無山(5分)果無峠(70分)果無集落(40分)昴の郷温泉
コース状況
登山道は歩きやすいコースです。
所々道が分かりにくい所(林道と交わる所)もあります。(ピンク色のテープあり)
難易度
Google Map

より大きな地図で 果無山脈 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

関西ハイキング2012やヤマケイ分県ガイド和歌山の山にも紹介されている、果無山脈(はてなし)をテントを担いで1泊2日で縦走してきました。

ほぼ紀伊半島の真ん中で西から東、和歌山県田辺市龍神村から奈良県吉野郡十津川村までを歩く約23kmのコースです。(その昔和歌山の黒潮国体でも歩かれたコースとのことです。)

公共交通機関のアクセスが結構難しいので、今回は各自2台の車で十津川温泉の昴の郷温泉に行きそこに1台を、もう1台を竜神村丹生ヤマセミ温泉に置いてスタートする事にしました。

登山道は登り始めは急坂が続きますが、そこからは尾根道をずっと歩いていきます。
後半はブナ林のふかふかの落葉の道が続きます。
果無峠からは熊野古道・小辺路のコースにつながり、天空の郷といわれる世界遺産・果無集落へ下っていきます。

初日は風は少し強かったですが雨に降られることもなく、二日目は天気もよく快適なトレッキングを楽しめました。

フォトギャラリー

歴史は鎌倉時代にさかのぼる、果無山脈を歩く 

龍神村丹生ヤマセミ温泉からスタート!

舗装路を歩き、小森の集落民家横が登山口です

和田の森までは登りが続きます

安堵山着

冷水山(ひやみずやま)で眺望がよくなります。

水場の案内板

ここからはフカフカの落ち葉の道

カヤノダン 名前の由来はわかりません

大木が折れてゲートのように

ブナの平着 ここでテント設営しましたが、すこし手前の鞍部のほうが広くて快適だと思います。(戻る気力がなかった・・)

ピンクのテープを目印に

石地力山の手前から遠く歩いてきた稜線が見えます。

石地力山(いしじりきやま)着

ほどなく果無山

ここで熊野古道の小辺路に合流、南に熊野本宮、北に十津川果無集落へ

世界遺産の看板で有名な天空の郷 果無集落へ

最後にかなり揺れる吊り橋を渡ります

十津川村の昴の郷へ

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

ならファミリー近鉄百貨店奈良店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部