もがいてもがいて松平山★

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
銀座好日山荘 店舗詳細をみる
日程
2015年04月16日 (木)~2015年04月16日 (木)
メンバー
単独
天候
曇り
コースタイム
少年自然の家(20分)松平山登山口(60分)山葵山(120分)
五頭山縦走路・途中まで(⇔90分)(60分)山葵山(30分)登山口
コース状況
・山葵山から松平山への縦走路は藪と残雪で容易に進めません。雪面のトラバースもあるのでストックまたはピッケル、アイゼンが必要です。

・松平から五頭へ向かう分岐の道は4mくらいの雪壁を下らなくてはならない上、その先は藪で道がはっきりしません。雪が溶けて夏道が出てからでないと危険だと思います。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 トレーニングを兼ねて五頭山塊北端の松平山へ行ってきました。5月の山開きに合わせてか、この日は工事車両が入っており、少年自然の家の先の橋で通行止め、登山口まで20分ほど車道を歩きました。いくつかある五頭山のルートでもマイナーな方ですが、激しく流れ落ちる大迫力の滝や、五頭を眺めながら歩ける点は魅力的だと思います。

 登山口すぐの魚止めの滝を見物して橋を渡り、しばらく川沿いの道を進みますが、岩が濡れていて滑りやすいので要注意。(帰りはやっぱり滑ってしまいました。)ふいにガサガサッという音にドキッとしながら音の方向に目をやると、なんとカモシカがこちらを見下ろしていました。冬の間は出会えなかったのでラッキーでした。

 いよいよ登りが始まると、なかなかの急登、落ち葉や昨日の雨もあって滑りやすくなかなか手強かったです。山葵山からは五頭の5つの頭がよく見渡せましたが、あそこまで縦走するのはしんどそう…。曇っていたので気持ちもあがりません。しかもその先では残雪と藪に阻まれ必要以上に時間がかかってしまいました。おまけにガスがで出てきてルートファインディングにも一苦労。五頭山より高い(953m)松平山まで来たことだし、今日はもう十分、ここで引き返すことにしました。

 五頭への縦走路もついでに調べてみましたが、藪と雪で今までの道より大変そうでした。雪が溶けて道が出てきたらまた挑戦してみたいと思います。

フォトギャラリー

勢いよく流れる魚止めの滝。

少年自然の家近くの桜は満開。

登山口。滝の轟音が響く。

落ちたら一たまりもない。

滑り易い道。右は崖になっているので注意。

シカと遭遇。

落ち葉が憎い急登。

今年初のイワウチワ。

こちらも今年初のショウジョウバカマ。

山葵(わさび)山頂上。

五頭ははるか彼方で霞んでた。

枝とズボズボ雪に阻まれて。

物悲しい残雪の道。

春はまだまだ先のよう。

ガスが出てきた。

松平山山頂。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

銀座好日山荘 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部