[雪山入門実技講座]伯耆大山(1709m)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
原 裕輔
広島紙屋町店 店舗詳細をみる
日程
2018年03月24日 (土)~2018年03月24日 (土)
メンバー
実技講座のお客様:18名
ガイド・スタッフ:菊岡、前田、吉田(敬称略)
天候
晴れ
コースタイム
夏山登山口(120分)6合目避難小屋(60分)大山頂上(50分)6合目避難小屋(60分)夏山登山口
コース状況
アイスバーンの上に薄く雪が積もったような状況でした。
特に、6合目より上は注意が必要です。
10本爪以上のアイゼンとピッケルの装備をお勧めします。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雪山入門実技講座「in伯耆大山」に同行してきました!

ステップアップ講座の第五弾!テーマは「ピッケル・アイゼン実践」
本講座を最終目標にこれまで参加されたかたも多かったです。

ケガの為、残念ながら当日キャンセルの方もいらっしゃいましたが、
今回も18名と大変多くのお客様にご参加いただきました!

この日は天気に恵まれ、気温も高く歩き出すとすぐに暑く感じるほどでした。
ちなみに登山口付近の気温は12℃でした。
広い所でアイゼンを装着、上着を脱いで体温調整します。
進むほどに傾斜がきつくなっていきます。
アイゼン、ダブルストックを使いしっかりと登っていきます。

6合目避難小屋に着いたところでストックからピッケルに持ち替え、頂上へアタックしました。
体力差もありますので、自然といくつかのグループに分かれてしまいましたが
各グループにガイドが付き添いますので安心です。
全員無事に山頂へと到着しました。

山頂付近はガスがかかり展望はありませんでした。
風速10m以上の風が吹き荒れ、気温は2℃。
体感温度は-10℃ほどでしょうか。
麓で暑い暑いと言っていたのが嘘の様です。
とにかく寒いので、全員揃い小休止、記念撮影した後にすぐ下山開始しました。

冬の大山は6合目付近を境に様子が全く変わる事があります。
熟練のガイドが付いた状況でそういった環境を体験できたのは、非常に良かったのではないかと思います。
今回の経験を活かして、次の登山を楽しんで頂ければ幸いです。

ご参加いただいたみなさま、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。

次回は雪山入門実技講座の修了講座
唐松岳(3日間)です。
詳細はこちらのPDFをご覧ください

フォトギャラリー

全員登頂できました!やったー!!

良い天気です!

大山寺橋の駐車場でバスを降り、準備を整えます。

菊岡ガイドから登山前にアドバイスを受けます。

いざ!夏山登山口から入山です!

すぐにアイゼンを装着!

樹林帯の中を進んでいきます。

徐々に傾斜がきつくなってきます。前半はダブルストックがあると良いです。

景色が開けてきました!

振り返るとうっすらと日本海が見えました。

6合目避難小屋が見えてきました。

避難小屋前で休憩。ストックを使っていた人は、ピッケルに持ち替えます。

絵になりますね~

9合目付近でガスで真っ白に。

木道がうっすらと見えていました。完全に雪がないところもありました。

全員登頂!山頂で喜びの記念撮影!!

山頂は気温2℃、風速は10m以上。体感温度は-10℃程です。寒いのですぐに下山します!

一歩一歩確実にステップを踏み、下山していきます。

また、日が差し込んできました。小鳥のさえずりなんかも聞こえて穏やかな気分で下山しました。

みなさんお疲れ様でした~

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

広島紙屋町店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部