笠形山~扁妙の滝の氷瀑(兵庫県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大道 哲哉
日程
2015年01月05日 (月)~2015年01月05日 (月)
メンバー
イオンタウン姫路店 大道
他1名
天候
コースタイム
グリーンエコー笠形管理事務所前(20分)登山口分岐(11分)オウネン滝(20分)扁妙の滝(20分)滝見台(20分)640m地点【ここで折り返し】(33分)登山口(15分)管理事務所
コース状況
●管理事務所付近の~登山口の積雪は5~7㎝(道路上は除雪済み)
●登山口~オウネン滝までの積雪は深いところで10㎝程度
●オウネン滝~扁妙の滝まで積雪は10~15㎝
今回は使用しませんでしたが軽アイゼンを持参しましょう。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShop
  • 好日山荘WebShopお買得商品

感想コメント

大晦日からの寒波襲来で氷点下の日が続き、これならと思い笠形山(939m)中腹にある
扁妙の滝 落差65m(へんみょうのたき)の氷瀑を期待し行ってみました。

扁妙の滝(へんみょうのたき)は兵庫県神崎郡神河町の笠形山にあるで名称は江戸時代初期に
滝近くに不動明王をまつった僧の扁妙に由来するとされます。
落差65mの段瀑で、冬期に凍結する「氷瀑」として有名です。 標高520m

管理事務所のスタッフの方に教えていただきましたが、1月4日朝までは7割の氷瀑だったようです。
4日午後から気温が上がったため5割以下かもしれませんとの情報でした。

事務所からコテージを抜け、オウネン滝を経由し扁妙の滝まで1時間弱、見えました。
右岸側の3割~4割程度が氷瀑していました。
中央と左岸側は流れています。 
今後、1月下旬~2月上旬にかけて氷点下の日が4日続けばまた氷瀑するそうです。

今回は標高640m付近で折り返しましたが、そこから1~1時間半ほどで笠形山山頂に行けます。
640m付近から積雪量が少し増えますのでアイゼンは持参しましょう。

【MEMO】
グリーンエコー笠形
管理事務所で入村料200円を納めてから入山してください。
http://web.kcni.ne.jp/green/index.htm
トイレはこの施設内で最終です。
管理事務所(℡:0790-32-1307)が氷結状況をお知らせしてくださるとの事です。

また、施設内にレストラン、温泉「響きの湯」が併設されています。
播但自動車道「神崎南IC」降車ご東進すればコンビニがあります。

フォトギャラリー

扁妙の滝 落差65m 3割程の氷瀑

グリーンエコー管理事務所 駐車場もここです

コテージの中を進みます

道標は明確

アオゾラです

登山口です 右へ進路を取ります

ここにも看板

オウネン滝

結構急だったりします

ここを抜けると

凍ってますね!

急な鉄階段

滝見台への分岐

ここでもアオゾラ

折り返し地点から戻り

コテージへ帰ってきました

5㎝ぐらいでしょうか?

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShop
  • 好日山荘WebShopお買得商品