極上のパウダー!200名山、氷ノ山BC

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年01月19日 (月)~2015年01月19日 (月)
メンバー
天候
コースタイム
氷山命水→(180分)→氷ノ山山頂(1510m)小屋→(140分:仙谷滑降)→わかさ氷ノ山スキー場
コース状況
積雪はかなり多かったです。
沢伝いに登りましたが、雪がフカフカすぎて斜度が上がると埋もれて
なかなか進みませんでした。
私はスノーシューだったので、スキーのシールの後について登りましたが、
先頭だと全く進まず体力だけが消耗していたことでしょう。

途中稜線に出ると風が非常に強かった為、それまで暑くて脱いでいた
冬ジャケットを着ましたが、これが正解でした。
休憩や地形が変わる場合は、体温を奪われない為の対策を必ず行いましょう。
大きな雪庇が出来ていたので足場は慎重に。

滑降ルートはスキー場に合流するためわずかな登り返しがあります。
スキーなら問題ありませんが、スノーボードだと止まってしまうと大変です。。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

初めての氷ノ山!
憧れの加藤文太郎ゆかりの地ですが、山頂は強烈な吹雪でそれどころじゃ
ありませんでした(笑)

しかし、今シーズンのBCでも過去最高のフカフカ☆
滑るには抜群の雪質でした!!
山頂の避難小屋にかけこみ、急ぎ防寒着を着ておよそ30分、いよいよ滑降です。
初めこそ視界の悪さと斜度に怯んでいたものの、途中から視界もマシになり
最高のパウダーを楽しみました☆

それも束の間、わずかな登り返しにボードが止まり、板を外せど雪が深すぎて
立てない!歩けない!登れない!
私以外は皆さんスキーヤーだったので登り返しの度に、転倒する度に(笑)
待たせてしまいました。スキーの機動力が羨ましい!

ゲレンデに合流し、脇道の最期の滑降でもしっかりオオトリらしく
派手に転倒してみせました(笑)

非常に疲れもしましたが、それ以上の楽しさと満足感でした。

フォトギャラリー

ひゃっほーい!

いざ、出発!

隊列を組んで登ります。

私だけスノーシューなので後ろを歩かせて頂きました(>_<)

だから元気です(笑)

それでも板が重い・・・

稜線に到着✩

強風で雪庇が発達しています。

氷ノ山山頂は猛吹雪!

小屋の温度は-5度。休憩後、急いで仕度をします。

フッカフカのパウダーです!!

歓喜の声を上げる中・・・

登り返しで一人喘ぐ私(笑)

ラストランは派手に・・・

ズッコケた~!!

最高のBCでした✩

帰りは道の駅「はが」で名物笹うどんを頂きましたヽ(´▽`)/

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部