屋久島縦走1日目 ヤクスギランド~太忠岳~石塚小屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
足立 智也
名古屋栄店 店舗詳細をみる
日程
2015年03月26日 (木)~2015年03月26日 (木)
メンバー
熊本パルコ店 足立
天候
晴れ
コースタイム
ヤクスギランド[960m]→(150分)→太忠岳[1497m]→(120分)→花之江河登山道入口[1070m]→(150分)→ビャクシン沢渡渉→(150分)→石塚小屋[1600m]
【歩行時間:10時間】

【実際の通過時間】
5:45ヤクスギランド→8:50太忠岳→11:20花之江河登山道入口→17:00新高塚小屋
コース状況
ヤクスギランドから太忠岳登山口までは序盤は木道、途中から登山道になります。苔や岩で滑りやすい箇所がありますのでご注意ください。
太忠岳山頂付近で岩の登り降りがあります。頂上の岩場のテラスは一枚岩で滑りやすく、落ちそうになりました。落ちるとかなり危険です。

花之江河登山道はアップダウンが多く体力的にもタフなコースです。
また、ルートが不明瞭な箇所が多いですが、ピンクテープの目印が常に見える所に貼ってあるため、テープを見つけながら歩くと迷うことはありません。見失った場合は少し戻ってよく周囲を確認してみてください。
ビャクシン沢の渡渉点は雨天時に増水は注意してください。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

念願の屋久島縦走に行ってきました!

今回は可能な限り九州百名山を登るため、
太忠岳(1,497m)、黒味岳(1,831m)、宮之浦岳(1,936m)・永田岳(1,886m)にチャレンジです!!

安房の民宿に泊まり、朝5時タクシーでヤクスギランドへ
まだ暗い中、出発。
ヤクスギランド内は前日に歩いているため、ずんずん進みました。

天気も良く、朝日が差し込む屋久島の森は、幻想的で古の雰囲気満載です。
屋久島といえば縄文杉が有名ですが、至る所に名もなき巨大な屋久杉があり圧倒されます。

太忠岳登山口からは、重たい荷物をデポし、サブザックでアタック開始!軽やかに登ります♪
山頂付近に差し掛かり岩場を乗り越えると突然、超超巨大な天柱石が現れます!
突然すぎて一人なのに 「うぉっ!」って叫んじゃいました(笑)
とにかくでかい!!
頂上の岩場のテラスに登ると視界に入りきらない程です。
見上げすぎて岩から転げ落ちないようにご注意ください。いや本当に。
展望も抜群で、何時間でも居たい山頂でした♪

しかし、今回は今日中に石塚小屋に到着しなければならないため、
駆け足で太忠岳登山口に戻ります。
そこから重いザックを担ぎ、花之江河登山道(安房歩道)を進みます。
途中、大和杉(樹齢推定3000~4000年)に出会い、沢を渡りました。

太忠岳を登ってきたというのもありますが、
このコースはアップダウンが多く、ちょっとバテ気味(--;
1日目は歩行時間が10時間を超えるので、
常に行動食を食べてエネルギー補給しながらの歩行となりました。

ヘトヘトになりながら石塚小屋を見つけた時は、遭難から生還したような嬉しさ♪
不思議と元気になるものですね。
元々利用者の少ない小屋(ルート)で、さらに3月の平日だからか、今夜の利用者は私一人。
思いっきり伸び伸びと使わせて頂きました☆
夜は4℃と少し寒いので、屋久島産芋焼酎「三岳」のお湯割りで温まり、ぐっすり寝ました。

■2日目の様子はこちら⇒http://www.kojitusanso.jp/yama_detail.php?fm=15799
■3日目の様子はこちら⇒http://www.kojitusanso.jp/yama_detail.php?fm=15800


【石塚小屋】
定員20名程、利用者が少ないとはいえ、中はキレイでした。
2段式で壁の窓は多く、よく光が差し込んでいて明るかったです。
トイレは、小屋の周囲に汲み取り式トイレと携帯トイレブースが各1基
テントは、3張くらいまでは張れそうです。
水場は、花之江河方面に5分程歩くとあります。

フォトギャラリー

念願の太忠岳!でっかいぞ天柱石!!

夜明け前にヤクスギランドを出発!気温0℃と肌寒い。

屋久島らしい雰囲気。至る所に巨大杉があります。

散策コースから太忠岳への分岐。ザックをデポしてサブザックで山頂を目指します。蛇紋杉、携帯トイレブースあり

苔と水がすごくキレイ

山頂間近!

突然でっかい岩が出現!

これが太忠岳の天柱石か!?

岩のテラスに登ると、もう壁。

ストックとサブザックがとても小さく見えます。

天気も良く、展望抜群!中央にあるのは愛子岳かな?

駆け足で下山し、花之江河登山道へ

困ったおじいちゃん杉。リーゼントヘアーに見えません?

このルートが少し不明瞭ですが、目印のピンクテープが必ずありました。見えなくなったらルートを外れている可能性がありますので戻って確認しましょう。

沢の徒渉点。雨天時は要注意!

大岩の見晴らし台。明日登る黒味岳(左端)に見えます。右端は翁岳ですね。

ついに石塚小屋到着!!中はキレイで約20名程泊まれるようです。小屋裏にトイレ、小屋前に携帯トイレブースあり

小屋から花之江河方面に5分程歩くと水場があります。

今夜は私一人。贅沢に広々と使わせていただきました♪

晩御飯はマジックライス「炒飯」&ベーコン炒めとミートボール。これは美味しかった!最後はもちろん屋久島芋焼酎「三岳」のお湯割りで大満足でした♪

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋栄店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部