ハイグレードハイキング!海沢岩稜

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
浦和パルコ店 店舗詳細をみる
日程
2021年12月21日 (火)~2021年12月21日 (火)
メンバー
山仲間4名
天候
晴れ
コースタイム
海沢園地(30分)大滝分岐(35分)海沢二股(120分)840m峰(120分)懸垂点(60分)海沢二股(40分)海沢園地
コース状況
・アメリカキャンプ村の先の林道ゲートは手動で開けられます。海沢園地登山口に簡易トイレ2棟あり。駐車スペースは5~6台ほど。
・二股を渡渉後840m峰までは泥壁の急傾斜なので、コンテでアッセンダーをセットしながら登りました。滑るためバイルがあると安心です。
・840m峰からコルまで下り渡渉、その後3ピッチの岩峰登攀となります。3ピッチ目終了点にはハーケンあり。
・登攀後6mほど短い懸垂します。その後尾根伝いに進めば大岳山山頂へ。今回は山頂へ行かず登った岩稜の西側の急斜面を下りました。かなりの急勾配なので最初は立ち木でカウンターラッペル、その後30mほど懸垂で下りました。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 大岳山の北側入り口の海沢(うなざわ)探勝路から、滝を越え岩稜を越え山頂を目指す、ちょっとマニアックなハイキングをしてきました。今回も経験の一番浅い私が、先輩方を振り回してドタバタ山行と相成りましたが、怪我なく無事に下りてこられたのでまずまずの山行でした。

 目標は大岳山。ピークに立つために急登と3ピッチの登攀、懸垂下降と、いくつかの核心を越えなければなりません。小ぶりな釜を持つ三ッ釜の滝の、右手に延びる梯子を登ったらしばらくへつり気味の登山道を歩きます。840m峰の基部が近くなったところで、登山道を外れて沢をいくつか渡渉。ただでさえ渡渉は苦手な私、苔に覆われてしかも冷たい水飛沫で凍った岩に飛び乗るのに何度も躊躇してしまいました。
 渡渉を終えるといよいよ840mの取付き。ピークまでは標高差およそ130m。短いながらなかなかの急登だったので、全員コンテを結び、立ち木と特に急な箇所にはアッセンダーを設置して登りました。トップを任されましたが、後続4人が控えているプレッシャーで、中間支点のセットに手間取り大幅に時間ロス。アッセンダーの向きを間違えたり、ランニングを出しすぎたり、やればやるほど焦ってしまい、無線からは心配する声が。しまいには足を滑らせ満身創痍でピークに到達。寒い中待たせた先輩たちも合流した頃には、既に11時を過ぎていました。
 今夜は氷川キャンプ場に泊まる予定で受付締切が16時。お尻が決められている上、これから登攀も控えていたので、この時点で大岳山登頂は諦めの空気に。申し訳ない思いでしたが、気持ちを切替え最後の核心へ向かいました。

 840m峰からは一旦コルまで下り、右手の斜面を下降、小さな沢を渡ると岩稜帯の始まり。3ピッチの簡単なルートということでしたが、先のコンテの失敗から気持ちが乗らずリードは代わってもらいました。2ピッチまではルート取りは易しく、リードしても良かったかもと少し後悔。最終3ピッチ目はやりがいのあるルートで、狭いトラバースやリッジを進み高度感があります。待機中に冷えた体が思うように動かず、フォローでも緊張しました。その後短い懸垂を経て登攀終了。尾根は続いていてこのまま進めば大岳山でしたが、潔く諦め下ることにしました。
 下りは激が付くほど急で油断すると滑落必至。個々に補助ロープでカウンター懸垂で下りました。最後は30mほど一気に懸垂下降。木をうまくかわしながら問題なく下ってこれました。  

 なんとかキャンプ場の受付に間に合い、夜は楽しい宴の時間。美味しいご飯と焚き火を楽しんで、次の日の講習に備え早めに就寝しました。
 今回も反省点が多い分たくさん学べた良き山行となりました。それにしても奥多摩はバリエーションの宝庫、その奥深さにもまた魅了された一日でした。


 

フォトギャラリー

海沢岩稜1ピッチ目。今日はフォローで。

ゲートを開けてさらに車で奥へ。

海沢園地の登山道をモノレール沿いに進みます。

三ッ釜の滝。大きくはないけどきれいな釜でした。

バリエーションなので悪路を進みます。

沢のへつりは厄介。バイル持ってきて良かった。

奥に進むほど滝が氷柱になります。

現在地確認しながら。

ガースの結びや長さ、ビナの向きいろいろ間違えてる中間支点。反省。

840m峰ようやく到着。とりあえず一本立てます。

1ピッチ目30mくらい。

2ピッチ目。敢えて左側面のちょっと悪いとこからスタート。

クラック沿いに登ります。

3ピッチ目40m以上出したかも。日陰で寒いから早く登りたい。

お天気は最高。日に当たりたい。

あまりに急なので2回目の懸垂。

30mは下るので50m2本で。

最初の地点に戻ってきました。

カモシカに遭遇。人間見ても全く動じない。

夜は楽しいキャンプ♪

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

浦和パルコ店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部