遂に歩いてしまった…ジャンダルム

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
銀座店 吉田 光成
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2014年09月11日 (木)~2014年09月11日 (木)
メンバー
単独
天候
☂/☁︎/☀︎
コースタイム
9/10 新穂高ロープウェイ(60分)西穂山荘
9/11 西穂山荘(60分)独標(80分)西穂高岳(70分)間ノ岳(60分)天狗岳(30分)天狗のコル(100分)ジャンダルム(70分)奥穂高岳(30分)穂高岳山荘
9/12 穂高岳山荘(180分)穂高岳登山口(60分)新穂高ロープウェイ
コース状況
西穂山荘〜西穂高 やや高度感はあるが一般ルート
西穂高〜奥穂高 バリエーションルート クサリ場の多い熟練者向
難易度
Google Map

より大きな地図で 西穂 を表示

感想コメント

9/10~12で西穂高から奥穂高に行ってきました。
そもそも、奥穂高〜西穂高は歩く所ではないと思っていました。
が、しかし、穂高の大キレット、白馬の不帰、八峰キレットをコンプリートした今、行く所はここしかないでしょーと言うことで満を持してのジャンダルム!

1泊2日で奥穂から西穂下るルートと、2泊3日で西穂から奥穂へ上るルートと迷いましたが後者の西穂から奥穂へ上るルートにしました。
どちらからでも特に大きな差はないようで、経験とある程度のテクニックを要する熟練向けのルートです。

最難関ルートと呼ばれるだけあって、天気・気力・体力・体調など全てが揃わないと難しいのでは無いでしょうか?

天気予報とにらめっこして決めましたが、そこは山の天気です…
西穂山荘を出てしばらくすると、アラレが降って来てテンションガタ落ち…
おまけに先行していたガイドツアーが撤退して独標ですれ違い、どうする?状態…
独標で1時間近く待ち、西穂高までは行く事にしました。
ピラミッドピークを過ぎる辺りからだんだん晴れ間が見えてきて、西穂高山頂は晴れ!
これは行くしかないと予定通りのルートを歩くことを決めました。
晴れたりガスったりの天気でしたが歩きごたえのあるルートでした。
他のルートとは違いクサリなど少ない所があったり、マーキングが少ない所があったりなので、山歩きの経験とある程度のテクニックがある方のみ許されるルートだな…とつくづく感じました。

フォトギャラリー

エンジェルは待っていてくれました

独標(アラレが降ってテンションガタ落ち・・・)

しばらく悩んだのち出発

西穂山頂は☀!行くしかない~!

間ノ岳方面 しかし、岩岩だ・・・

落石注意です

間ノ岳頂上でブロッケン

下ります 細い、細すぎる・・・

お~天狗の手前の逆層スラブか~

落ちてきそう

ジャンダルム手前で、鹿児島の明星・東久留米の小澤に遭遇!

お互い気を付けて!

いよいよジャンダルムか!

ついに来ました!じゃんだるむ!

まだまだ先は険しい・・・

ジャンを振り返る

出た~ウマーセ(うまのせ)

足場は狭い 超キンチョ~

ここも細すぎる~怖っ~!

到~着!\(^o^)/

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部