ザックを選ぼう

登山用ザック(リュックサック)の特長

お客様『普通のリュックとの違いは何ですか?』 店員『登山用ならではの機能が満載です。』

背負い方・フィッティングの手順

  1. 背負う前に、ショルダー(A)を緩めておきます。
  2. 両肩に背負ったらウエストベルト(B)を腰の位置で締めます。
  3. ショルダーベルトを引いて締めます。
  4. わきの下でチェストベルト(C)を締めます。
  5. 鏡でチェックした際、ショルダーベルトが肩に沿うよう、
    キレイなカーブを描くのが理想です。
ザックはこちら

登山用ザック(リュックサック)選びのポイント

迷ったらこれ! 初心者向けザック(リュックサック)のポイント

●背負い心地:軽さも大切ですが、背負い心地のよいものを選ぶようにしましょう。 ●容量:日帰りにも数泊の山小屋ステイにも、使いまわししやすい30リットル前後がおすすめ。※迷ったらスタッフまで気軽に相談して下さい。 ●ポケット:サイドや正面にポケットがあると、小物収納に便利です。

こんな人はここをチェック!

汗かきの方、夏場に活用したい方は・・・。

・背面やウエストベルトがメッシュ状になっているものが、蒸れにくいのでおすすめ!

女性や小柄な方は・・・。

・バックレングス(ショルダーベルトの付け根から、ウエストベルトまでの長さ)が選べたり、 調節可能なものだとフィット感UP。
※女性用に設計された商品もございますので、お近くの店舗スタッフにお尋ね下さい。

デザイン重視のこだわり派は・・・。

・お手持ちのウェアやジャケットに合わせて、カラーコーディネイトをしてみてはいかがですか?
・原色使いなら、タウンユースでの着こなしのアクセントにもなりますよ。

お手入れのポイント

お客様『快適に履き続けるための、お手入れポイントは?』 店員『防水処理と保管方法が大切です。』

使用後のお手入れ

・使用後はブラシで泥などを落としてください。
汚れがひどい場合は中性洗剤を使用し、ブラシ洗いしてください。

※ザック裏地はコーディングしてありますので、むやみに濡らしたり、ゴシゴシこすらないようにしましょう。

・汚れを落とした後は、十分に陰干しをしてください。
しっかり乾いたら、撥水スプレーを吹きかけます。

ATTENTION ザックカバーをお忘れなく! 雨天に備えるために、ザックカバーを携帯しましょう。ザックの容量に応じたサイズが揃っています。

プリントアウトする 好日山荘WebShopへ