白馬三山・不帰嶮テント泊3日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
日下部 友哉
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2021年09月12日 (日)~2021年09月14日 (火)
メンバー
他1人
天候
曇り
コースタイム
■3日目 行動時間:5時間40分+休憩
天狗山荘(45)天狗ノ大下り(55)不帰嶮一峰(55)不帰嶮二峰北峰(15)不帰嶮二峰南峰(45)唐松岳(10)唐松岳頂上山荘(80)八方池(35)八方池山荘
・累積標高:+593m、-1467m
・歩行距離:9.6km
コース状況
・天狗ノ大下りからザレ場、鎖場なので歩行注意。
・不帰一峰~不帰嶮~不帰二峰は足場の悪い岩場の連続。鎖場、梯子などもあり。

■気温
大下り 8℃
9:15 唐松頂上山荘 10℃
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

1日目・2日目の登山レポートは⇒【白馬三山・不帰嶮テント泊 1・2日目】

■3日目
いよいよ不帰嶮を越える日。夜は意外と風が強いのもありましたが、曇り空で全然星が見えずだったので結局外に出ず。。。4時頃起床、簡単に朝食を済ませてテント撤収して5時頃出発です。なかなか風が強くて寒いので上はメリノ150g/m2ロングスリーブにアクティブインサレーション、レインジャケット。下はいつものパンツにさらにレインパンツもレイヤリング。

薄暗い中、天狗山荘を出発。まずは天狗尾根の快適な稜線歩き。ただ遮るものはないので寒かったです。。。段々と明るくなってきましたが雲が多くご来光は見えず。剱岳、唐松岳、八方尾根も見えてます。天狗ノ大下り見えてきました。ここでヘルメット装着。結構下りますね~ザレ場なので結構足元に気を使います。さらには鎖場も出てきます。まだまだザレ場をこなし、下りも終わったところでウェア調節。そして不帰一峰へ登りが始まります。ここはまだ難しくない。一峰に着くと不帰嶮が目の前に。一旦下って岩場へ取りつき。鎖場で足元も狭いです。すれ違いは譲り合いましょう。そして下がよく見える梯子が一か所あります。そして岩場の東側を巻いて先へ。不帰二峰北峰も東側を巻いて鎖場などを通過して到着。振り返ると天狗ノ大下りが良く見えます。次は不帰二峰南峰へ。岩場はありますがそんなに難しくありません。難なく二峰南峰へ到着。なかなか楽しい岩場歩きでした♪もう岩場はなさそうなのでヘルメット外してトレッキングポールを準備。一旦ゆ緩やかに下り唐松岳へ登り返し。

そして無事唐松岳に到着!不帰嶮通過しました♪多少緊張するところもありましたが思ったほど怖さはありませんでした。高曇りですが白馬岳方面からの歩いてきた道もよく見えました。反対側には五竜岳が目の前に。唐松岳頂上山荘で休憩~。宿泊営業はテント泊のみ、コーヒーやカップ麺など簡単な軽食はいただけます。目の前の剱岳を見ながらコーヒーをいただいて、八方尾根へ下山開始。さすがに唐松岳は人が多くなりますね。八方尾根でも多くの人とすれ違いました。ほんの少しですがハクサンシャジンやミヤマリンドウ、カライトソウなど高山植物が咲いてました♪八方池がようやく見えてきて、ハイキングの人も多いので仕方ないですが人の多さに(笑)風があったので八方池に白馬三山は映りませんでしたが小蓮華山から白馬三山、不帰嶮の歩いてきた稜線がよく見えて感慨深くなりました。あとは八方のリフトへ~。

これにて北アルプス三大キレットをテント泊で制覇しました♪

フォトギャラリー

3日目 ついに不帰嶮へ 不帰一峰から不帰嶮

まだ薄暗い中、天狗尾根へ

明るくなってきました。まだまだ快適な稜線歩き

天狗ノ大下り

ザレ場の中に鎖場もあり

不帰嶮 鎖が何本も

一部梯子もあり

そして不帰二峰へ ここは左へ巻きます

ミネウスユキソウ

巻いてる途中 道幅は狭い

北峰から不帰二峰南峰へ

不帰二峰南峰から不帰三峰と唐松岳

不帰二峰南峰から歩いてきた不帰嶮を振り返る

唐松岳到着 高曇りですが歩いてきた白馬岳方面もよく見えます

唐松岳頂上山荘で休憩~

八方尾根に下ります

五竜岳と奥に鹿島槍ヶ岳とチングルマ

八方池が見えてきた

ハクサンシャジン

八方池到着 今まで歩いてきた稜線がよく見え感慨深い!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部