涸沢岳 西尾根 もう季節は残雪!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
城野 治義
金沢西インター大通り店 店舗詳細をみる
日程
2016年03月22日 (火)~2016年03月23日 (水)
メンバー
春日井店:岩瀬
名古屋駅前店:城野
天候
晴れ
コースタイム
1日目:新穂高温泉~2時間~白出沢出合~3分~涸沢岳西尾根取付き~1時間~1800m付近幕営地~2時間~2600m稜線~30分~蒲田富士~1時間30分~唐沢岳~2時間30分~1800m付近幕営地
2日目:1800m付近幕営地~2時間~新穂高温泉
コース状況
トレースあり。雪は締まっており、ベストコンディションに近い状態。稜線は15m/sくらいの強風。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

涸沢岳西尾根から奥穂高岳へ行く予定が、翌日の強風予報(風速28m/s予報)のため、涸沢岳ピストンへ変更。

ピストンだったら重い荷物を持つ必要はないということで、1800m付近でテントを張り、アタック装備のみで涸沢岳へ。

2600mの稜線までは樹林帯の急登りが続きます。雪が締まっているので快適に登ることができました。
南尾根と合流する2600m付近は最終幕営地なので、穂高山荘まで行かない方は、ここでテントを張るのが無難だと思います。

稜線に出ると、奥穂高、ジャンダルム、笠ヶ岳、双六方面の眺望が最高です。

蒲田富士までの登りは、人によってロープ確保が必要かと思います。

蒲田富士から涸沢岳まですぐのイメージでしたが、意外時間が掛り、強風の影響もあり疲れました。
途中、雪崩地形もあるので注意が必要です。

この日は誰にも会わず、涸沢岳を貸し切りでした^^
雪山のいいところは、静かな山を堪能できるところかもしれないですね!!

フォトギャラリー

涸沢岳西尾根とりつき

本日のお宿

急登りが続きます。

蒲田富士へ

山頂かと思ってましたが、実際の山頂はもっと奥でした。

ナイフリッジ

山頂が見えました

穂高山荘

涸沢岳山頂

雪庇が発達してます。

ライチョウに癒されました^^

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

金沢西インター大通り店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部